50代の女性にはNG! 避けるべき秋冬プチプラアイテム

安っぽいと目立ちやすい箇所はずばりこの3つ!

コーデの中で安っぽいと目立ちやすい箇所はずばりこの3つ!

今はプチプラでも可愛いものがたくさん手に入る時代ですよね。特に値が張るものが多い秋冬アイテムにはありがたい存在。でも、手が届きやすい価格だからこそ、実は50代の女性は避けたほうがいいNGアイテムもあるんです。ぜひチェックしてみてくださいね!
 

1. ウール系アウターは生地感、シルエットに要注意

程よい丈で落ち着いたネイビー&上質な素材なら、この先も何年も楽しめます 出典:WEAR

程よい丈で落ち着いたネイビー&上質な素材なら、この先も何年も楽しめます 出典:WEAR

秋冬コーデの印象を左右するのは、やはり一番面積が大きいアウターですよね。背中や裾など、自分ではなかなか目がいかない場所も多く、生地感や、ボタンなどのディテールも目立ちやすいため、安っぽいものを選んでしまうと、コーデ全体の印象を下げてしまいがち。そのためアウターは50代の女性には特に気を遣って選んでほしいアイテムです。

プチプラでも、スウェットや柄もののスカートなどは値段の差が分かりにくかったりしますが、ウール系のシンプルなコートは、質のいいものと、プチプラなものを比べると、シルエットや存在感、クオリティの差が特にはっきりと出やすいアイテムです。

ニットやカットソーなどは消耗品でもあるため、プチプラで常にフレッシュなものに買い替えるのもアリ。ですが、アウターはお値段も張りますし、丈夫なものを選べば長持ちもするため、大人の女性なら、気に入ったもの、今の体型に合った上質なものに投資して、納得のいくものを一枚持っておくのがおすすめです。
 

2. アクリル&ポリエステル多めのゆったりニット

ゆったりニットは生地にゆとりがある分、生地感の差も出やすいので要注意です 出典:WEAR

ゆったりニットは生地にゆとりがある分、生地感の差も出やすいので要注意です 出典:WEAR

秋冬の定番アイテムであるニット。着ていくうちに毛玉などができたり、柔らかくて形が伸びたりすることもあるため、毎シーズン新しいものが欲しくなるアイテムですよね。

プチプラにもニットは多く出ていますが、50代の女性に気を付けてほしいのは、アクリルやポリエステルが素材に多く含まれている、ゆったりとしたニットです。

アクリルやポリエステル素材は化繊ならではの光沢感が出やすくテカテカして見えてしまったり、発色がいいため、逆に人工的な色味で安っぽく見えやすいアイテム。若い子なら元気でフレッシュなイメージになりますが、50代の女性が着ると、ニットだけが浮いて見えてしまうこともあります。

ゆったりしたサイズ感のニットは、特にタートル部分や袖、身ごろや裾などに生地が余るため、動くたびに光を受けて生地感が目立ちやすく、ジャストサイズのものよりもなおさらプチプラ感が出やすいので注意が必要です。

プチプラの少し厚みのあるざっくりニットなどはアクリルやポリエステル素材のものがかなり多いため、素材表示タグをチェックし、ウールなどが多く入っているものから選ぶのがおすすめです。
 

3. 光沢の強い合皮のショルダーバッグやトートバッグ

ショルダーバッグは肩から掛けるため、人目に付きやすく、金具なども目立ちやすいです 出典:WEAR

ショルダーバッグは肩から掛けるため、人目に付きやすく、金具なども目立ちやすいです 出典:WEAR

トレンド感が出やすいバッグは、お手頃なプライスで可愛いものを見つけると、ついトライしたくなりますよね。

でも、肩から掛けるため人の目線に入りやすいショルダーバッグや、物がたくさん入るため、使っていくうちに痛みやすいトートバッグで素材に合皮を使用しているものは、安っぽく見えやすいので、50代の女性にはあまりおすすめできないアイテムです。

また、カゴバッグやPVC素材のバッグなど、いかにも夏らしいものも要注意。秋冬にも取り入れるのはOKなものの、カゴバッグならニットなどと色のトーンを合わせたり、秋冬素材に負けないような、目が詰まっていて素材が厚いカゴバッグを選ぶ、PVC素材なら部分使いにとどめたり、ブラックやグレーなど秋冬コーデに馴染みやすいものを選ぶなど、押さえるべきコツがたくさんあり、これを無視してしまうと季節感がごちゃごちゃに……。あくまでもコーデのポイントとして使うようなおしゃれ上級者向けで、毎日のように使うバッグには不向きかもしれません。

プチプラのバッグは、素材も合皮であることが多め。今はレザーの質感を忠実に再現した優秀な合皮素材もありますし、雨の日でも汚れを気にせずにガンガン使えるバッグがほしい、など目的があって購入するのは◎。

ですが、合皮素材は基本的に少し光沢感があったり、質感が安っぽかったりと、チープに見えやすいアイテム。また、秋冬は洋服もニットやコットンなどマットな素材が多いため、余計にテカテカとした合皮の素材感は強調されてしまいます。

また、プチプラのバッグは金具もピカピカと輝きが強かったり、ファスナーやベルトなども少しチープな感じがするため、使い込んでいくと傷が目立ったり、ほつれてきたり、形が変わりやすかったりと傷むのが早く、そのくたびれた感じがさらに安っぽく見せてしまうこともあります。

コーデのポイントになりやすいバッグには、素材が丈夫な上、プチプラでも手に入るキャンバス素材を選んだり、シンプルなデザインでも質のいいレザーを使用しているバッグを選ぶと、大人コーデとのバランスも取りやすいので、おすすめです。

50代女性は避けたい秋冬プチプラアイテム、ぜひチェックしてみてくださいね!



【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。「夫が不倫→離婚してシングルマザーになった」「実家の空き家を整理した」「自宅をスマートホーム化した」「妻と死別してお一人様になった」「家族で地方に移住した」など、あなたの体験談を登録してみませんか?

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!
登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。