この秋、コーデにカラーパンツを投入しておしゃれ見えを叶えよう

WEAR

簡単におしゃれ見えを叶えてくれるカラーパンツを味方につけて

春夏に引き続き、今季も人気を博しているカラーパンツ。カラーパンツはコーデの差し色としてはもちろん、はくだけで気分を上げてくれる頼もしいアイテムです。ブラックやベージュ、ネイビーといった定番カラーのボトムスからカラーパンツに切り替えるだけで、トレンド感のあるコーデが簡単に完成します。

ですが、トライしてみたいものの「着こなしが難しそう」「派手な印象にならないか心配……」と感じている方もいらっしゃるかもしれません。今回は、大人女性でも抵抗なく挑戦できる、カラーパンツを使ったコーデ例を3点ご紹介します!
 

1. くすみパープルのカラーパンツで、大人っぽく

WEAR

出典:WEAR

カラーパンツ初心者さんにおすすめなのが、くすんだ色味を持つカラーパンツを選ぶこと。こちらのくすみパープルのパンツは、合わせるトップスを選ばず、ブラックやホワイトといったトップスはもちろん、ベージュ系とも相性抜群で、大人女性にぴったりです。

画像のように、ベージュのケーブルニットや、同じくベージュのトレンチコートを選ぶことで、肩肘の張らないこなれ感のあるスタイリングを完成させています。今季もパープルは人気のカラーなので、ぜひチェックしてみてくださいね。足元の足袋ショートブーツが、モードな雰囲気をプラスしています。
 

2. 落ち着いたベイクドイエローのパンツがこなれ感をプラス

WEAR

出典:WEAR

今季はスモーキーで落ち着いた印象のベイクドイエローといった、少し癖のあるイエローがトレンドカラー。ベイクドとは「焼いた」という意味で、少し焦がしたようなくすんだ色のこと。ちょっとくすんで深みのある色合いは、大人女性にもマッチします。

画像のように、オーバーサイズの無地ロングTシャツ×タートルネックのニットベストと、ベイクドイエローのカラーパンツを合わせると、ほっこり感がありながら、今っぽいコーデが完成します。ショルダーバッグとチャンキーヒールブーツをブラウンで統一することで、優しい雰囲気のスタイリングに仕上がっています。
 

3. この秋、トレンド大本命のセルリアンブルーのカラーパンツ

WEAR

出典:WEAR

鮮やかなブルーで少し緑がかった「セルリアンブルー」が、今季トレンド大本命に挙がっています。鮮やかな色ながら、大人っぽい落ち着きがあるので秋にぴったりなんです。

画像のように、セルリアンブルーのカラーパンツに、顔まわりをすっきりと見せてくれるスタンドカラーのチュニックを投入すると、オンの日にもマッチするきれいめコーデに。チュニックの丈が長めなので、気になるお尻やウエストまわりをすっぽりとカバーしてくれて、大人女性にぴったりのスタイリングです。

チュニックの上に「UNIQLO(ユニクロ)」のミラノリブオーバーサイズカーディガンを肩掛けして、こなれ感をプラス。足元に、コロンした丸みが可愛らしいフラットシューズと靴下を合わせることで、女性らしい印象になっています。

以上、この秋トライしたい、カラーパンツを使ったコーデ例を3点ご紹介しました。スタイリングの参考にしていただけると嬉しいです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。