大人の女性がついやってしまいがちな9月のNGコーデとは

9月コーデにとって大事なポイントなのは「季節感」!

9月コーデに大事なポイントは「季節感」!

9月にもなれば季節は秋。ですが、まだまだ暑い日が続くことも多いですよね。台風が来て雨が続くこともあったりと、意外に天候が読めず、実は洋服選びが難しいのが9月なんです。今回はそんな今の時期に、つい大人の女性がやってしまいがちなNGコーデについてご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね!
 

夏っぽいカラー&素材の組み合わせは悪目立ちのもと

例え半袖Tシャツでも、色使いが落ち着いていれば秋らしく見せられます 出典:WEAR

たとえ半袖Tシャツでも、色使いが落ち着いていれば秋らしく見せられます 出典:WEAR

8月までで卒業してほしいのが、夏らしいカラーと夏素材が組み合わさったアイテムです。カラーではパステル系のようなシャーベットカラーや、クリーンな白など。そこに素材まで夏っぽいものを合わせると、どうしても季節感のズレが目立ってしまい、夏を引きずっているように見えます。9月もまだ気温は高いのですが、太陽の光の感じも少し雰囲気が変わるので、余計に悪目立ちしてしまいがち。

例えば、シャーベットカラーでも素材をニットや長袖のカットソーにしてみたり、リネンや洗いざらしのコットンなどの夏素材もカラーをブラウン系などのこっくりした色味に変えてみると、まだ9月も着ることができます。

また、半袖のTシャツでも、写真のようにコーデ全体の色使いをシックにすると、秋にちょうどいいバランスになりますし、カゴバッグなどの一見夏らしいアイテムも、今はコーデによっては冬も持つことができます。この季節感のバランスを見極めるのは大切なポイントです。
 

つま先など肌が多く出るシューズは違和感の原因に

つま先が隠れていると、ノースリーブでも秋仕様に 出典:WEAR

つま先が隠れていると、ノースリーブでも秋仕様に 出典:WEAR

サンダルやミュールなど、つま先が出ているシューズは夏っぽさを残してしまいがち。またこの夏のトレンドアイテムだった、華奢なストラップのサンダルなどは足の甲などの肌が多く出ているので、ヌーディーな印象になり、夏を引きずっているように見えてしまうことも。

まだまだサンダルでもOKな気温ではありますが、サンダルとそこからのぞくペディキュアのバランスは、夏らしさを強調してしまうので、人目にもつきますし、違和感の原因にもなりやすいポイントです。

おしゃれ感が欲しい時に、「ちょうどいい季節感」は必須。涼しさも欲しい場合は、つま先は隠しつつバックストラップなどを選ぶのがおすすめです。
 

季節を先取りしすぎても暑苦しいかも

素材は透け感のあるものでカラーは秋色にするなど、だんだんとシフトしていくとおしゃれ上級者に 出典:WEAR

素材は透け感のあるものでカラーは秋色にするなど、だんだんシフトしていくとおしゃれ上級者に 出典:WEAR

先ほどもお伝えしましたが、おしゃれにとって「季節感」は大事なポイント。ですが、先取りしすぎても、今度は「頑張っている人」に見えてしまうのが難しいところです。

9月とはいえ、まだ30度近い日が続いている場合や日差しが強い日に、オールブラックコーデやざっくりニット、コーデュロイ素材などを着ていると、おしゃれよりもやはり「暑そうだな……」と思われてしまいます。汗をかきながら厚手のものを着ているのも、どことなく不自然ですよね。

色も素材も先取りしすぎると、このNGの罠にはまってしまいがち。9月はだんだんと秋のムードにシフトしていくとちょうどよくまとまります。例えば、いきなり全身ブラックではなく白も入れて、黒が多めのモノトーンコーデにまとめたり、リネン素材やコットン、トレンドのシアー素材など、少し軽さもある生地感のものでブラックを取り入れる、など。他にも3首見せで肌が見える部分をあえて作るなど、メリハリをつけたコーデがおすすめ。

また、今は五分袖や七分袖のトップス、アンクル丈のパンツなど、半端丈のアイテムもたくさん出ていますよね。実はこれらのアイテムは季節の変わり目にもぴったり。半端丈の秋色アイテムを選ぶと、バランスが取りやすく、コーデも組みやすいのでおすすめです。

ぜひチェックしてみてくださいね!



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。