大人が気になるぷよぷよ二の腕をカバーするには!?

気になる二の腕をさりげなく、おしゃれに隠す5つの方法はこちら!

気になる二の腕をさりげなく、おしゃれに隠す5つの方法はこちら!

夏コーデで気になるのはやっぱり、ぷよぷよした二の腕……という40代、50代の人も多いのではないでしょうか。対策として「思い切って出せばすっきり見える」というテクニックもありますよね。若い子ならそれもアリですが、40代、50代の女性からは、やっぱり二の腕を全部出すのには抵抗がある、という声が多く聞かれます。

そんな時は「さりげなく隠す」のが一番! おしゃれ感もありつつ、自然に二の腕をカバーする方法をお伝えします。
 

1. Tシャツならフレンチスリーブを選んで

フレンチスリーブなら着やせに加え、季節感も調整しやすく長く着られるというメリットも 出典:WEAR

フレンチスリーブなら着やせに加え、季節感も調整しやすく長く着られるというメリットも 出典:WEAR

本当に暑い真夏の時期は、袖さえ邪魔に感じることも。それでも二の腕もカバーしたい!という時はノースリーブより、フレンチスリーブがおすすめ。

一般的なTシャツは、身頃のパーツ、袖のパーツが別にカットされていて縫い合わされているので、ここまでが肩、ここまでが二の腕、というのが分かりやすく、二の腕も目立ちがちに。

ですがフレンチスリーブは肩からの切り替えのラインがなく、なだらかな一続きになっているため、生地が肩から腕にかけて優しく沿ってくれて二の腕の存在感が目立ちにくくなります。

そして肩から自然に落ちる袖が、たとえ小さめでも少し付いているだけで二の腕の露出をやわらげ、視覚的にもすっきり見える効果があります。
 

2. 袖にボリュームのあるデザインのトップスを

ボリューミーな袖のデザインがポイントのトップスを選べばおしゃれも二の腕カバーもOK 出典:WEAR

ボリューミーな袖のデザインがポイントのトップスを選べばおしゃれも二の腕カバーもOK 出典:WEAR

二の腕カバーもしつつ、おしゃれ感もばっちり押さえられる方法ならこちら! バルーンスリーブや、フレア袖になっているトップスなど、もともとボリューミーな袖がデザインの一部になっているトップスを選ぶのがおすすめです。

袖がポイントになっているデザインのトップスは、袖にあえてボリュームを出してあり、それが魅力なので、もともとの二の腕の太さ細さは関係ナシ。

ただ、甘めのトップスではあるので、コーデはすっきりまとめるのがコツ。トップス自体も可愛らしいカラーは避けてベーシック色から選んで。そしてボトムスはスカートではなくパンツがおすすめです。また、合わせるアイテムは品のあるシンプルなものでまとめると、大人にちょうどいいバランスに仕上がります。
 

3. 引き締めカラーで腕を目立たせない色選びを

ダークな引き締め色&ハリのある素材はふっくら感を抑えてくれます 出典:WEAR

ダークな引き締め色&ハリのある素材はふっくら感を抑えておしゃれに見せてくれます 出典:WEAR

色には膨張色と引き締め色が存在しますよね。例えば黒や紺、ダークグレーなど、引き締めてくれるような色と、ピンク、オレンジ、黄色など主張が強く、膨張して見える色のトップスを着比べてみた場合、やはり後者のほうが太って見えてしまいます。そのため、やはり二の腕も膨張色のトップスからのぞいている時のほうが、太めに見えてしまうことも多いです。

明るい色を着たい時はボトムスに回し、トップスには引き締め色を持ってきてコーデするのがおすすめです。
 

4. 今年の流行アイテム、シアー素材のシャツで隠す

素材が軽いので、カバー感が出にくいのも嬉しいポイント 出典:WEAR

素材が軽いので、カバー感が出にくいのも嬉しいポイント 出典:WEAR

今年トレンドなのが、透け感のあるシアー素材。中でもシャツは取り入れやすいので人気です。実はこのシアーシャツは二の腕カバーにもぴったり!

ゆったりしたサイズ感のシャツを羽織ると、着ぶくれしてしまったり、体が大きく見えてしまうこともあるのですが、透け感のあるシアーシャツなら重たくならないのも大きなメリット。

普段は手を出しにくいノースリーブも、シアーシャツをさらっと羽織れば気軽に着られます。楽チンなのに今っぽさも涼しさもキープできて実用的なので、ぜひ今年トライしてみてほしいアイテムです。
 

5. 二の腕をカバーするゆったりトップスをワントーンで

二の腕も身幅もゆったりなトップスをおしゃれに仕上げるにはワントーンがカギ! 出典:WEAR

二の腕も身幅もゆったりなトップスをおしゃれに仕上げるにはワントーンがカギ! 出典:WEAR

二の腕もお腹まわりもゆったりしたトップスは着心地もいいし、体型カバーの面でも安心して着られますよね。ですが、このまま太めのパンツなど合わせてしまうと「体型カバーをしたい」というのが先に目立ってしまい、おしゃれ感が損なわれてしまうことも……。

そんな時におすすめなのは、ボトムスも似た色で揃えて、ワントーンにまとめてしまうこと。色が揃っているとそれだけで縦長に、すっきり見えるので、ボトムスもゆったりしたもので揃えてもOK。足元などで抜け感も調整しやすい、夏ならではのコーデです。おしゃれ感もぐっとアップし、あか抜けた印象になるので、今っぽさも楽しめます。

ぜひトライしてみてくださいね!



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。