リンツ

親しみやすく手軽なタブレット型のチョコレートTABLET。デザート感覚で食べられる「クリエーション」がイチオシ


フランス生まれの高級ショコラティエは数多くありますが、実は、今も昔もずっと変わらずいちばん好きなのは、本場スイスのチョコレートブランド「Lindt(リンツ)」なんです。

ミルクチョコレート好きの私はシンプルな板チョコをはじめ、クレームブリュレ味、冬期限定の粒チョコ、リンツの看板商品「リンドール(LINDOR)」など、お気に入り商品がたくさんあります。

私が住んでいるフランスでは、スーパーで手軽に買えるので重宝しています。日本では、以前まで一部の輸入食品店や通販でしか手に入らなかったのが、ついに直営店が上陸し、店舗もどんどん増えていて、より身近にリンツのチョコレートが楽しめるようになってきましたね。

そこで今回は、大ファンの私が選ぶイチオシの「Lindt(リンツ)」チョコレートシリーズやフレーバーを紹介します。
   

まずは看板商品「リンドール・ミルク」

リンツ

リンツの看板商品リンドール・ミルクは店頭で1粒もらえる


リンツの代名詞と言っても過言ではない看板商品が、赤い包装が目印の球状のミルクチョコレート「リンドール(LINDOR)・ミルク」です。私がリンツにハマるきっかけになった商品でもあります。

外側の固い殻のミルクチョコレートの中にソフトなミルクチョコレートが詰まっていて、口の中で外側の殻を溶かしながらゆっくりと味わいます。ほとんどのリンツのブティックの入口では、このリンドール・ミルクを試食用に1個配っているので、それについついつられて入店してしまうんですよね。
 
DATA
Lindt(リンツ)┃リンドール(LINDOR) ミルク

内容量:10個 993円ほか
原材料:砂糖、植物油脂、ココアバター、全粉乳、カカオマス、乳糖、バターオイル、脱脂粉乳、麦芽エキス、植物レシチン(大豆由来)、香料

 

リンドールのフレーバーが選び放題の「Pick&Mix」

リンツ

好きなフレーバーを好きなだけ選べる


リンドール(LINDOR) には、前述のミルクの他にも、季節限定フレーバーなどをあわせて全33種類のフレーバーが揃っています。この各フレーバーのリンドールを選び放題で量り売りしている、実店舗「リンツ ショコラ カフェ」だけの楽しみが「Pick&Mix」です。

おすすめのフレーバーは、フランスならではのソルテッドキャラメルとフレッシュな苺味が楽しめるストロベリー&クリーム。マイルドな甘さを楽しむなら、キャラメルやドルセデレチェがイチオシです。
 

DATA
Lindt(リンツ)┃リンドール Pick&Mix

内容量:100g 781円
※店舗「リンツ ショコラ カフェ」の営業再開状況については、リンツのHPの店舗情報をご覧ください。  
 

贅沢なリンツの板チョコ「クリエーション」

リンツ

「クリエーション クレームブリュレ」はデザート感覚で食べられる


続いて、親しみやすく手軽なタブレット型のチョコレートTABLETの中でも、デザート感覚で食べられるのが「クリエーション」。カリカリのキャラメルが入ったクリームをミルクチョコレートで包んだ、贅沢な「クレームブリュレ」は絶品です。通常の板チョコの倍ぐらいのボリュームなので、かなり満足感があって楽しめます。
 
クリエーションシリーズは、ソフトキャラメルがたっぷり入ったものやビスキュイ入りのバニラマカロンなど、日本上陸が楽しみなフレーバーがまだまだたくさんあります。  
 
DATA
Lindt(リンツ)┃クリエーション クレームブリュレ

内容量:150g
原材料:砂糖、ココアバター、粉ミルク、乳脂、カカオマス、乳糖、カラメルシュガー、脱脂粉乳、ウエハー片、麦芽エキス、植物レシチン(大豆由来)、香料

「チョコレートが好き、中でもミルクチョコレートは大好き!」という人なら、リンツの虜になること間違いなし。フレーバー展開も豊富なので、店舗またはオンラインショッピングで、ぜひいろいろな味を試してみてくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。