これはNGかも? 40代が白を着る時に避けたいプチプラアイテム

ベーシックカラーの「白」でも避けたいアイテムが実は存在します……!

ベーシックカラーの「白」でも避けたいアイテムが実は存在します!

定番のベーシックカラーで何にでも合い、顔を明るく見せるという嬉しいレフ板効果もある「白」。ですが、なかには40代の女性は避けたほうがいいものも、残念ながら存在します。今回は春に手に取りやすいプチプラな白アイテムの中で、特に大人の女性が避けるべきNGアイテムについてお伝えします。
 

首元が開いている白トップスはルーズに見えるかも

首の開きが大きいとだらしなく見えやすいので気を付けて 出典:WEAR

40代の女性には首の開きが横に大きいものがおすすめです 出典:WEAR

暖かくなるとだんだん増えてくるのが、首元が開いた春ニットやカットソー。ですが、首元が大きく開いた白のプチプラトップスは、40代には要注意です。ブラウスやチュニック、春ニットなど、フェミニン系のトップスに多いので、注意してみてください。

大人世代向けブランドで、こだわって作られた白トップスは、お高い分、素材にもリッチ感があったり、着た時にきれいに見えるよう工夫されているので、この限りではありません。ですが、プチプラの白トップスで首が大きく開いているものは、基本的に若い子向け。

10代20代のハリのある体型で着るのと40代の女性が着るのでは、体型が違うため、トップスの収まりが悪く生地が余ったり、年齢によって削げてきたデコルテ部分が悪目立ちしてしまうことも……。

ボートネックのように横に広い開き方はOKですが、特に避けたいのは縦に深く開いているタイプ。ネックラインが微妙にどちらかに偏り、だらしなくルーズに見えやすいので、避けたほうがいいかもしれません。
 

化学繊維の真っ白なレース服は若い子向け

白ではなくカラーレースを選ぶのも甘さ控えめになるのでおすすめ 出典:WEAR

白ではなくカラーレースを選ぶと馴染みやすくおすすめ 出典:WEAR

春はレースアイテムが流行る時期。ブラウスやスカートなど今年もたくさん出ていますが、40代の女性にあまりおすすめできないのは「色が真っ白」、そして素材がナイロンやポリエステルなど化学繊維でできていて「テカテカして見える」レースのアイテムです。

なぜなら、この組み合わせだとレースに派手さがあり目立ってしまうため、若い子が着るとOKでも、大人の女性が着ると安っぽく見えてしまうこともあるからです。

化学繊維のレースは安価で丈夫ですし、白でも汚れにくいため、プチプラの白レース服はだいたいこの組み合わせ。特にお安いアイテムの場合は要注意です!

大人の女性が白のレースアイテムを着る場合は、コットン100%などのナチュラルな素材でレースが大きすぎず控えめなものを。もしくは化学繊維を使っているなら、ベージュやダークカラーなど、白以外のカラーから選んでみてください。そして生地感も比較的マットで、レースの作りが細かいものを選ぶと、上品に着られるのでおすすめです。
 

大きめサイズ&合皮素材の白バッグは安っぽいかも

合皮の白バッグを選ぶときはトレンド感のあるものやミニサイズに絞るのがおすすめ 出典:WEAR

合皮の白バッグを選ぶ時はトレンド感のあるものやミニサイズに絞るのがおすすめ 出典:WEAR

白の小物で値段の差が出やすいのが、大きめサイズのトートバッグやショルダーバッグです。避けてほしいのは合皮素材のもの。プチプラできれいめなバッグは合皮素材であることが多いですが、面積が大きく、生地感がごまかせないため、大人の女性が持つとどうしてもチープな感じに見えてしまいます。

ショップに並んでいる時の新品の状態ではきれいに見えるので、つい買ってしまいがちですが、特に大きいサイズのトートなどは、角が劣化しやすかったり、バッグの面積が大きい分、汚れがついた時に目立つなど、くたびれた感じに見えやすいというデメリットも。

白の合皮素材のバッグなら、ワンシーズン用としてトレンドど真ん中のデザインや、ミニサイズで生地感がそこまで目立たず、コーデのアクセントとして役に立ってくれそうなもの、海やアウトドアなどレジャー用のものを。レザー素材では難しいシーンで使うバッグを選ぶ時にはおすすめです。

大人女性がプチプラでは避けたほうがいい「白」アイテム、ぜひチェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。