冬のマンネリコーデをシャツで解消!

WEAR

この冬、シャツを味方につけてマンネリコーデ打破!

コートを脱げばニット一辺倒の今の時期、きちんと感を出したいお仕事シーンやPTAの集まり、またエレガントに決めたいお出掛けの際などには、シャツが味方になってくれます。だけどシャツは一枚で着るには、まだまだ寒い……。そこでおすすめなのが、シャツをレイヤードする着こなし。重ねるアイテム次第で、異なる表情を醸し出すことができます。今回は、冬の時期にシャツを投入する際のレイヤードスタイリングを3点ご紹介! 早速、みていきましょう。  
 

1. 今季トレンドのシャツ×タートルネックのレイヤード

WEAR

出典:WEAR

今季注目が集まっているのが、シャツのINにタートルネックを合わせるスタイリング。シャツを抜き襟っぽく着こなすことで、簡単に上級者コーデが叶います。シャツはオーバーサイズを選ぶのが、このコーデの成功への道。シャツ×デニムといったきれいめカジュアルの王道スタイルも、タートルを合わせることで、こなれ感を醸し出すことができます。きちんとした印象を与えたいシーンなら、タイトスカートやミモレ丈スカート、テーパードパンツを持ってくるのがおすすめです。
 

2. ロングシャツ×ベストで今っぽコーデ

WEAR

出典:WEAR

オーバーサイズのロングシャツは、ドロップショルダーのニットベストを合わせることで、今っぽい雰囲気を醸し出すことが可能です。こちらはニットベストのサイドにスリットが入っているデザインなので、シャツが見える面積が大きくなり、きちんと感が生まれています。

ニットベストのオーバーサイズを生かして、そのままのシルエットを楽しむのはもちろん、ベルトでブラウジングして、スタイルアップ効果を狙うのも◎。画像はゆるっとしたボトムを合わせて、あえてルーズなスタイリングを楽しんでいます。
 

3. シャツにざっくりカーデを合わせて、ほっこりコーデ

WEAR

出典:WEAR

クリーンな雰囲気で大人可愛いバンドカラーのチュニックシャツ。バンドカラーとは、スタンドカラーの一種で、ネックラインに帯(バンド)状の布を付けた襟の形のこと。そんなシャツに、ざっくりとしたローゲージのケーブル編みがアクセントになったニットカーデを合わせれば、癒されコーデが完成します。ニットカーデのグレーや、テーパードパンツのベージュといった中間色に白シャツを持ってくることで、優しい雰囲気のスタイリングとなっています。

以上、冬の時期にシャツを投入する際のレイヤードスタイリングを3点ご紹介しました。これを参考に、冬コーデにシャツを投入して、気分をリフレッシュしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。