ロングスカートを体型カバーしながらおしゃれに着るには?

タイツなしでスカートが履ける秋のうちに、たくさん楽しみたい! 

タイツなしではける秋のうちに、スカートをたくさん楽しみたい! 

スカートコーデが楽しめる秋。お肉のついた下半身を隠してくれるロングスカートは、大人女性の頼れる味方!と言いたいところですが、実はスカート丈が長いとコーデによっては全体がもっさり、スタイルが悪く見えてしまう場合もあるんです。

そこで、今回はロングスカートをスタイルよく見せつつ今年らしくおしゃれに着るコツをご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね!
 

ゆったりトップスを合わせてゆるっとコーデ

ゆったりトップスなら腰回りもヒップもカバーできる 出典:WEAR

ゆったりトップスなら腰まわりもヒップもカバーできる 出典:WEAR

今年おすすめなアラフォー女性にぴったりのスカートコーデは、少し大きめのトップスを合わせて、全体的にゆるい雰囲気でまとめること。

今はオーバーサイズがトレンドなので、上半身は必ずしもピタッとコンパクトにさせなくてもOK。気になるお腹まわりやヒップまでカバーできるので、アラフォー女性には嬉しいですよね。

ただ、カジュアルすぎたり、だらっとして見えてしまうのはNGです。トップスを選ぶ時は、着こんだTシャツや首まわりが大きめに開いたスウェットなどは避け、首まわりのラインがきれいなトップスや、高見えする薄手のニットを合わせてみてください。

また、重心が下がりがちなのも気を付けたいポイントです。顔まわりに目をひくようなアクセサリーを持ってきたり、トップスは派手すぎないニュートラルなカラーにすると、目線も上がり、全体的にもまとまりのいいコーデに仕上がります。
 

インナーをウエストインしつつアウターでカバー

たっぷりボリューミーなフレアスカートは上半身でバランスをとって 出典:WEAR

たっぷりボリューミーなフレアスカートは上半身でバランスをとって 出典:WEAR

ウエストをインすると腰の位置が高く見えるので、パンツよりボリュームが出やすいスカートに合わせるのは正解です。腰まわりが見えてしまうのが気になる方は、上からアウターを軽く羽織って、インしたフロント部分だけ見せると、足長効果をキープしつつ、他はナチュラルにカバーできるので、おすすめです。
引き続きトレンドのマウンテンパーカ-も相性良し 出典:WEAR

引き続きトレンドのマウンテンパーカ-も相性良し 出典:WEAR

まだ防寒もそれほど気にしなくていいので、カーディガンやGジャン、今年もトレンドのマウンテンパーカなど、合わせられる軽めのアウターが豊富に揃うのも嬉しいところ。

腰の位置が高く見えると、無理にヒールを合わせなくてもスニーカーなどフラットシューズで足を長く見せることができるので、たくさん歩く日にもおすすめのコーデです。
 

ウエストマークされているトップスを合わせる

ウエストマークできるトップスは超万能なのでアラフォーなら買い! 出典:WEAR

ウエストマークできるトップスは超万能なのでアラフォーなら買い! 出典:WEAR

秋はシャツやブラウス一枚でもOKな季節。その際、もしベルト付きのウエストマークされているデザインのものを発見したら、アラフォー女性は「買い」です! なぜなら、ウエストまわりに軽くベルトが付いているものは、少しハイウエストの位置に付けられていることが多いので、ぴったりした服でボディラインを強調しなくても腰の位置を高く見せてくれる効果があるから。パンツよりもボリュームが出やすい長め丈スカートとも相性抜群です。
 

とろみ素材のトップスで女性らしく体型カバー

ゆるっとインできるとろみ素材は前だけでも自然にブラジングできて便利 出典:WEAR

ゆるっとインできるとろみ素材は前だけでも自然にブラジングできて便利 出典:WEAR

ロングスカートにはウエストインするとバランスがいいとは分かっていても、アラフォー世代はお腹まわりが気になってできない、という声も多く聞かれます。

そんな時に便利なのがとろみ素材。ギャザーが入るなどボリュームがあるデザインを、しなやかでとろみのある素材で作ったトップスは、女性らしく見せながら体型に沿いやすいのがメリット。

ハリのある素材のトップスだと、ラインは拾わないものの上半身自体を大きく見せてしまうこともありますが、形も体に沿いやすく、自由に変えられるとろみ素材なら、ボトムスに合わせてインしたり袖をロールアップしたりというバランス調整もしやすく、着やせ効果も期待できます。

スカートを気軽にはける今の季節、ぜひいろいろトライしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。