リラックスできる、ユニクロのおすすめルームウェア

UNIQLO

帰宅後、ルームウェアに着替えることで、リラックスできる人が約8割に上ります。

「UNIQLO(ユニクロ)」は、人々の生活を豊かに、そして快適にするLifeWearとして、自宅でよりリラックスして過ごせるルームウェアを発売しています。今季のユニクロのルームウェアは、360°伸びる「ウルトラストレッチルームセット」や、体温を逃さずあたためてくれる「エクストラウォームルームロングワンピース」を始め、家時間を充実させるラインナップが豊富に揃っています。また、今シーズンは、“部屋着で暮らそう。”というコンセプトのもと、ユニクロ初の試みとなる、一般の家庭から出演者を募るTV-CMの公開オーディションを実施するキャンペーンを展開しました。

そのキャンペーンに合わせて、20代から40代の有職者男女822名を対象に、「家で過ごすルームウェアと家時間の関係性に関するアンケート調査」を実施。調査の結果、仕事から帰宅後に、全体で8割以上の人がルームウェアに着替えているほか、「着替えること」自体が仕事のストレスからの解放感を高め、リラックスしてリフレッシュした気持ちになる人が約8割になることがわかりました。

80.6%が仕事から帰宅後にルームウェアに着替える。

UNIQLO

「家で過ごすルームウェアと家時間との関係性に関するアンケート調査」。インターネットリサーチ調べ。

20~40代の男女1万人に対して、外出先から帰宅した後にルームウェアに着替えるかと質問したところ、76.0%が帰宅後、ルームウェアに着替えると回答しました。有職者に限ると全体の80.6%がルームウェアに着替えるという結果になり、通勤時の服装別に比較すると、ビジネススーツで通勤している人は、95.3%が着替えており、私服で通勤している人も71.3%が帰宅後に着替えています。また、何に着替えるかについては、そのまま眠れるパジャマを選択した人が20.7%に留まった一方で、ジャージやスウェットは62.1%、Tシャツやシャツは44.8%となり、帰宅後すぐにパジャマに着替えるのではなく、ルームウェアに着替えてから寝るまでの時間を過ごしている人が約半数になることがわかりました。

帰宅後、ルームウェアに着替えた後は、「リラックス・リフレッシュする」が82.7%。

UNIQLO

「家で過ごすルームウェアと家時間との関係性に関するアンケート調査」。インターネットリサーチ調べ。

ルームウェアに着替えた後の気持ち・気分は、82.7%が「リラックス・リフレッシュする」、76.2%が「ストレスから解放された気持ちになる」と回答しました。ルームウェアに着替えることが、心身のリフレッシュになっていることが分かりました。

72.4%が勤務中の服装にストレス。ルームウェアに着替えることで服装のストレスから解放されたいという傾向。

UNIQLO

 

UNIQLO

「家で過ごすルームウェアと家時間との関係性に関するアンケート調査」。インターネットリサーチ調べ。

通勤時の服装は、男性は「私服(45.3%)」が最多で、次いで「ビジネススーツ(30.3%)」、「ビジネスカジュアル(14.6%)」となりました。特に女性は67.6%が「私服」となり、約7割が私服で通勤している割合が高いものの、女性の76.7%が勤務中の服装にストレスを感じており、男性より高い傾向にあることがわかりました。勤務時の服装にストレスを感じる理由として、男女ともに「動きにくい」、「窮屈」、「暑い・寒い」、という結果が上位に集まりました。また、私服で勤務している人も32.2%が窮屈さを感じており、私服で通勤していても勤務中の服装には一定のストレスを感じているようです。着替えることが仕事からのストレス解放やリフレッシュにつながっている傾向がうかがえます。

9割弱がルームウェアに求めるものは、「動きやすさ」「リラックス」。

UNIQLO

 

UNIQLO

「家で過ごすルームウェアと家時間との関係性に関するアンケート調査」。インターネットリサーチ調べ。

ルームウェアで重視することは、「リラックスできるか(86.8%)」、「動きやすさ・伸縮性(81.9%)」が8割以上に。次いで、「着心地・肌触り(77.2%)」、「保温性・通気性(57.5%)」となりました。また、「リラックスできるルームウェア素材とはどのような素材ですか」という質問に対しては、「綿」が約70%と他の回答に比較し大きな差がつけて1位になりました。

リラックスできるユニクロのルームウェア

アンケート結果にもあるように、ルームウェアに求めるものは大きく、動きやすさ、肌触り、温熱的な快適性を重視する傾向がみられました。実はこの3つの条件は、被服環境学観から、“快適さ”を得る条件として欠かせないものです。それぞれに適した素材があり、ご自身のお好みやシーンにあわせ、ルームウェアに着替えることで快適に過ごすことができます。快適さを得ることで、よりリラックスした家時間につながることでしょう。

動きやすさ (ポリウレタン/ジャージ/メリアス)

UNIQLO

ウルトラストレッチスウェットセット 2990円(税抜)/UNIQLO(ユニクロ)

動きやすさを重視する人におすすめなのは、伸縮性が高い、ポリウレタンを数パーセント含むものや、ジャージやメリアスなどの編地の素材です。適度なゆとりがあるウェアを選択するのもおすすめです。

こちらは、綿96%、ポリウレタン4%の「ウルトラストレッチスウェットセット」。360°どの方向にも自在に伸びるウルトラストレッチ素材を使用しており、立ったり座ったり、横になったりするリラックスタイムを常に快適に過ごせます。良く伸びるので、シルエットはすっきりとしてスタイリッシュです。

肌触り&吸湿性の快適性(綿/レーヨン・キュプラ)

UNIQLO

ヒートテックエクストラウォームルームロングワンピ-ス 2990円(税抜)/UNIQLO(ユニクロ)

“リラックスできるルームウェア素材”として、アンケート回答では、「綿」が約70%と最も多い結果になっています。綿は確かに肌触りが柔らかく吸湿性、吸水性、保温性に優れていて、洗濯機でも洗いやすいという特性の素材のため、好まれていると考えられます。また、レーヨン・キュプラの植物性の再生繊維は天然素材でなくとも、綿と同じように吸湿性、吸水性が高く、肌すべりも良いので、肌着やルームウェア素材に適しており、蒸れ感やべたつき感を嫌う人におすすめです。

こちらは、アクリル62%、ポリエステル22%、レーヨン16%の「ヒートテックエクストラウォームルームロングワンピ-ス」。通常のヒートテックの1.5倍あたたかく、また、しなやかなシルエットなので、エレガントに着こなせます。

保温性(フリース/ウール・フランネル/ボア)

UNIQLO

フリースセット 2990円(税抜)/UNIQLO(ユニクロ)

肌寒い冬は、保温性も大事になってきます。寒がりな人は、含気率(布地が抱え込む空気の量)が高いフリース、ウール・フランネルや起毛した素材のフリース、ボアなどが最適です。

こちらは、100%ポリエステルの「フリースセット」。トップスはなめらかなマイクロフリース、ボトムスはしなやかで心地よいシルキーボアフリースを使用しています。ストレッチ性もあるので、動きやすくリラックスもできる着心地です。パステル調カラーで表現されたチェック柄が、リラックス感のあるデザインに仕上がっています。


以上、リラックスできる、ユニクロのおすすめルームウェアでした。これを参考に、快適で寛げる家時間を過ごしてくださいね!

===========================
【取材協力】
UNIQLO(ユニクロ)
===========================

▼注目のファッショントレンド記事はこちら
着やせするニットの選び方。スタイルアップの法則は?
コスパブランドで見つけた! 高見えお出掛けバッグ8選
着てはいけない!アラフォーが老ける秋冬アイテム
比較!実力派ダウンの選び方とおすすめブランド3選
今すぐ知りたい! 2017-18年秋冬トレンドブーツ
知っておきたい、2017年秋冬トレンド靴!

▼注目のファッションまとめ記事はこちら
2017年秋冬のトレンドバッグ10選!色・素材・形・デザインは?
パンプスは黒かベージュ!履きやすく疲れない走れるオフィス靴10選
出産祝いやギフトに!センスいいねと言われるベビーアイテム10選
大容量で軽くて高見え!コスパがいい「通勤トートバッグ」8選
3000円以下で買える! オフィスで使えるキレイめパンプス10選


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。