RSpecの実行

以下のようなサンプルのspecファイルを用意します。ファイル名に制約はありませんが、*_spec.rb とするのが慣習となっています。

rspecコマンドの引数にspecファイルを渡すことで、テストが実行されます。

ドットが成功したテストを表し、テストケースが3個でエラーが0個、つまりオールグリーンの状態です。

なお、テストが失敗した場合の出力は以下のとおりです。

失敗箇所とその理由が出力され、これを手がかりにコード(あるいはテストコード)を修正していくのが基本的な作業となります。

次回はminitest

RSpecはgemとして提供されていましたが、実はRubyには標準でminitestという軽量なテストライブラリが添付されています。次回の記事ではこれを扱います。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。