Module#prependとは

Ruby2.0から追加された新機能のひとつに、Module#prependがあります。これはモジュールの機能を組み込む(Mix-inする)ときに使われるinclude、extendに続く3個目の方法であり、その特徴を簡潔に言うと

Module#include に似た、Module#prepend という機能が追加されました。Module#include と異なり、prepend するクラス (モジュール) よりもメソッド探索順序を前にもってくる仕組みになります。

Rubyist Magazine - Ruby 2.0.0 の注意点やその他の新機能

というものです。

Moduleの使い方

Module#prependの機能を説明する前に、まずRubyのモジュールについて簡単に復習したいと思います。

Rubyのモジュールはクラスに似た機能ですが、インスタンスを生成することができません。また、クラスのように継承させることもできません。

それでは何に使われるかというと、名前空間を区切ったり、機能を切り出して「つまみ食い」的にいろいろな場所へ取り込めるようにしたり、です。そして「取り込む」ときに使われるメソッドが先にも名前を出したincludeとextend、定義クラスまで明示するとModule#includeObject#extendです。

ただ、extendは特異クラスにモジュールの機能を組み込むメソッドであり少々prependとは毛色が違うため今回は脇においておき、次のページでは「includeとprependの比較」という形で挙動を見ていこうと思います。