セルフネイルなんでもQ&A

Q1 ストレートラインやカラーブロック。不器用でどうしても曲がってしまいます……

A 細筆でガイドラインを引き、ポイントアートとして1本入魂!

まずは細筆で補助線を引いて描きやすく
ネイルアート用の極細筆を使うと、仕上がりがぐっとプロっぽくなります。ポリッシュのハケが極細の筆になっているネイルカラーを使ってもOKです。まずは細筆でガイドとなるラインを引きましょう。

ポイントは液の量。小さくカットしたアルミホイルなどに一度出して、そこから筆先につけると液の量が調節しやすいと思います。一気に引こうとせず、“少しずつ丁寧に”を心がけてみてくださいね。

1本を丁寧に仕上げ、ポイントアートとして楽しむ
ストレートラインやカラーブロックなどのデザインを10本均一に揃えるのは、実はプロでも難しいんです。発想を逆転して、左右に1本ずつなどポイントアートとして取り入れてみるのはいかがでしょうか? もし幅が違ってしまったら、あえて大胆に差をつけてランダムなデザインに見せるのもオススメです。