Q カラーリング後のきしみやダメージをケアする方法が知りたい!

A もみ込みトリートメントと蒸しタオルが効果的!

コンディショナーは髪表面のキューティクルを整えて指通りをよくするもの。ダメージが気になるときはトリートメントでのケアが基本です。髪の内側がダメージで空洞化している場合は特に、内側から補修してくれるトリートメントでケアを行いましょう。

トリートメントをするときは、すぐに洗い流さず、指先で毛先中心にもみ込むのがポイント。毛先のパサつきがしっとりしなやかになります。

さらに、おすすめのケアは蒸しタオルです。トリートメントを毛先中心になじませたら、蒸しタオルを巻いて5~10分放置。蒸しタオルを巻いて湯船につかるとお風呂の蒸気で蒸し効果がアップします。
 

このページは2013年8月6日時点の情報です