カラー剤が入りにくくなるのはどっち?

答えはA ~シリコン入りシャンプー~

シリコンの蓄積をさせないことがポイント

シリコンが蓄積した髪にはカラー剤が入っていきません。シリコン入りのシャンプーが良くないというイメージを持たれがちですが、シリコンそのものが悪いというよりも、シリコンが残っていることで髪のダメージを進行させてしまうのです。

一方、界面活性剤の一番の役割は、洗浄効果。すすぎ残しがあると、頭皮に負担がかかり、ダメージの原因となることがあります。シャンプーやトリートメントは「つけ過ぎない」「しっかりと洗い流す」ことを心がけてください。

このページは2013年8月6日時点の情報です