“ひっぱりブロー”で、つや感さらにアップ

髪が9割程度乾いた状態でブローに移行しましょう。髪の内側からブラシを巻きつけるようにして、中間から毛先に向かって軽くすべらせながら、ドライヤーの弱風をあてます。この時、「軽く引っ張る」を意識すると、髪表面のキューティクルが伸ばされ整うので、さらに艶感がアップ!

仕上げに、髪表面をとかして整えながら2~3回ブロー。この時にドライヤーの「冷風」を当てると、キューティクルが引き締まってつや感もスタイルの持ちもアップします。

【大林さんの艶美髪ポイント】
内側からブローブラシに髪を巻きつけて、ピンと張るように軽く引っ張るとつやがアップ。仕上げの冷風テクニックも、是非試してみてください!

ヘアケア方法をチェック!
洗髪&トリートメント ドライ&ブロー
このページは2013年2月12日時点の情報です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。