Rubyの定番中の定番入門書といえば、『たのしいRuby』と『初めてのRuby』です。今回は、『初めてのRuby』をご紹介します。この本はオライリー・ジャパンの書き下ろしの本で、つまり、オライリーなのに翻訳じゃない、という珍しい本です。

発行年は、2008年と若干古いのが気になりますが(1.8にも対応してしまっている)、Rubyという言語の「入門」は大変敷居が低く、「Rubyの入門書」にはそれほど「新しさ」を求める必要は無いと思います(1.9に対応していればそれで充分です)。

そして何より、この本は技術書の中ではトップクラスの美しさを多くの人々が認めているところです。「Rubyに入門するのに本は必要ないよ。Webの情報とAPIリファレンスがあれば充分」と言う方も、是非一読して欲しいところです。

かくいう私も、Rubyの入門はWebの情報ですませ、公式リファレンスを眺めていれば書くべきコードがわかってしまう、という状況でしたので、入門書の必要性を感じませんでした。

Rubyの思想の部分を知るのに『プログラミング言語Ruby』、Rails開発を知るのに『RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発』(後者は頻繁に改訂版が出ています)と順に読んでいきました。

いずれも良書です。と、良書が豊富に揃っているのもRubyの魅力です。Rubyは言語を超えて、コミュニティになっています。そしてそのコミュニティの「空気の良さ」が、これほどまでRubyという言語を活性化させているのだと思います。

というわけで、『初めてのRuby』か『たのしいRuby』で入門をすませ、できるだけはやくRubyコミュニティに仲間入りして欲しいと思います。

■RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第4版
・価格:3360円
・販売先:Amazon

■初めてのRuby
・価格:2310円
・販売先:Amazon

■プログラミング言語 Ruby
・価格:3990円
・販売先:Amazon








※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。