B-1グランプリ出場! 鳥取土産にとうふちくわ

「とうふちくわ」は、鳥取県東部にしかない江戸時代から伝わる独特の食文化です。近年はB-1グランプリに出場して、鳥取の名物としてアピールしています。
木綿豆腐7:魚のすり身3の割合でつくるのが基本ですが、メーカーによって異なります。形状は竹輪ですが、竹輪より白っぽく、竹輪よりふんわりしています。食べた感じは、最初は豆腐っぽい味がして、あとから竹輪の味がしてきます。

食べ方はそのまま食べる、わさび醤油か生姜醤油を付けて食べる、野菜などと炒めるなどの食べ方があります。鳥取県東部でしかほとんど流通していませんから、他県の人へのお土産には、郷土色が強くていいのではないでしょうか。

■鳥取とうふちくわ総研
http://nishinomiya-ebisu.com/index.html
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。