出品の商品写真は大丈夫?

出品するときには写真が必要です。それが著作権と何か関係が?
その商品写真は自分で撮影したものでしょうか?

  1. 販売メーカーのサイトからコピーしてきた
  2. 検索エンジンの画像検索などで検索した画像を使った
  3. 他の出品者の商品説明からコピーしてきた

これらは全て著作権侵害となります。

販売メーカーの写真はキレイによく撮影されているので、使いたくなるのかもしれませんが、これもれっきとした著作物です。無断で使用することがないようにしましょう。

検索エンジンでは、画像検索ができます。これ便利ですよね? 商品の型番などを入れると、ありとあらゆるサイトの画像が検索されて表示されます。その中からよさそうなものをコピーして……と、これもNGです。では、オークション内の画像はどうでしょうか?

●同じ商品を出品しているページからコピーしても、オークション内だから問題ない?
いいえ!! そんなことはありません。

●もともとAさんから落札した商品。サイズが合わないので出品してしまえ!! 画像は……Aさんの撮ったものがあるから、それを載せちゃおう!! 個人の撮影した写真だし、オークションのだから、著作権とか関係ないよね?
オーノー!! それもダメです。

商品画像の撮影
やっぱり自分で撮影したものが一番安心。
許可なく第三者の写真を使ってはいけません。出品の際には、面倒に思っても自分で撮影しましょう。それが難しいようでしたら、リサイクルショップや、出品代行会社を利用します。

●じゃ、許可があればよいのか?

「許可なく」がダメなら、許可があればよいのでしょうか?

そうです。もちろん許可を取れば問題はありません。許諾をしてくれるかどうかは「著作権者」の判断です。無料のこともありますし有料のこともあります。トリミングやサイズ変更など利用するにあたっての条件もあるかもしれません。許可するしないも含めて、料金についてや、条件なども著作権者との取り決めによります。

●ただし
出品者としては、「落札してもらった商品をすぐ転売される」というだけで、心穏やかではないことがあります。さらにそれに対して「画像を下さい」と言われたら、さらに愉快ではないかもしれません。そのあたりも少し配慮しながら画像の用意をしていきましょう。

商品さえあれば、写真撮影はそんなに面倒ではないです。少し手間かもしれませんが、自分で撮影した自分なりの写真を用意しましょう。あなたならではの写真だからこそ、商品が手元にある証明になり、安心感も増します。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。