配送料金の計算をしよう(2017年1月8日時点での料金)

●定形郵便物……定規で測れ
定形郵便は、いわゆる普通の郵便物。定型サイズの封筒の大きさ制限は「長さ14~23.5cm、幅9~12cmの長方形で、厚さが1cmまでのもの」と、結構厳しいですが、通常の定型サイズの封筒を100円均一や、文房具屋さんで買ってくればOK。郵便局では普通の封筒は販売していません。事前に購入しておきましょう。

・損害賠償なし、配達記録可能(配達記録をつければ荷物追跡可能)、着払い不可
・重さが50gまでのもの

~25g
50gまで
80円
90円


●定形外郵便物……重さは秤で
定形郵便物の大きさや重さを超えたものが、定形外郵便物になります。重さ制限は最大4kgまで。
・損害賠償なし、配達記録可能(配達記録をつければ荷物追跡可能)、着払い不可
・4kgまで。

~50g
~100g
~150g
~250g
~500g
~1kg
~2kg
~4kg
120円
140円
200円
240円
390円
580円
850円
1,150円


●ゆうメール(旧 冊子小包)……重さ。大きさにも少しだけ注意
損害賠償なし、配達記録可能(配達記録をつければ荷物追跡可能)、着払い可能 ・長さ・幅・厚さの合計が1.7m以内
・重さは3Kgまで。

~150g
~250g
~500g
~1kg
~2kg
~3kg
180円
210円
290円
340円
450円
590円


●ゆうパック……大きさ。重さ制限は一律30kgまで
ゆうパックは、大きさでの制限がメインです。重さの制限は大きさを問わず一律30kgまでとなってます。 ・全国どこでも、翌日・翌々日にお届け。
・長さ・幅・厚さの合計が1.7m以内
・重さは30Kg以内。
・信書以外の物を内容物。

サイズ 60
サイズ
80
サイズ
100
サイズ
120
サイズ
140
サイズ
160
サイズ
170
サイズ
県内 600円 800円 1,000円 1,200円 1,400円 1,600円 1,700円
第1
地帯
700円 900円 1,100円 1,300円 1,500円 1,700円 1,900円
第2
地帯
800円 1,000円 1,200円 1,400円 1,600円 1,800円 2,000円
第3
地帯
900円 1,100円 1,300円 1,500円 1,700円 1,900円 2,100円
第4
地帯
1,000円 1,200円 1,400円 1,600円 1,800円 2,000円 2,200円
第5
地帯
1,100円 1,300円 1,500円 1,700円 1,900円 2,100円 2,300円
第6
地帯
1,200円 1,400円 1,600円 1,800円 2,000円 2,200円 2,400円
第7
地帯
1,300円 1,500円 1,700円 1,900円 2,100円 2,300円 2,500円

県内は、同一都道府県内においてその引受け及び配達を行うものをいいます。

●宅配便……大きさ。重さ制限は大きさに応じて
佐川急便は120サイズがありません。ペリカン便は160サイズではなく170サイズまでOK!

宅急便
60サイズ 2kgまで 740円
80サイズ 5kgまで 950円
100サイズ 10kgまで 1160円
120サイズ 15kgまで 1370円
140サイズ 20kgまで 1580円
160サイズ 25kgまで 1790円

佐川急便
60サイズ 2kgまで 740円
80サイズ 5kgまで 1000円
100サイズ 10kgまで 1260円
140サイズ 20kgまで 1530円
160サイズ 30kgまで 1790円

日通のペリカン便
80サイズ 5Kgまで 950円
100サイズ 10Kgまで 1160円
120サイズ 15Kgまで 1370円
140サイズ 20Kgまで 1580円
170サイズ 30Kgまで 1790円

(※日通のペリカン便は、2010年7月1日をもちましてゆうパック事業に引き継がれました。)




投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。