涼メニュー
 

夏の涼メニューランキング

節電モードで、エアコンのスイッチがさらに遠い存在に……。暑さが続くと、家事をする気が起きないどころか、夏バテなんてことも。今回のAll Aboutは、なるべく手間をかけずに猛暑を乗り切る料理テクと、食欲アップメニューをご紹介します。(text:Reika Kondo、illustration:Miho Fujita)

 
最近の動向をチェック
    夏場の悩みは、キッチンに立つのがおっくうになること
    夏場の調理の悩みは?

    サンプル百貨店調べ

    編集部独自に20~40代女性にアンケートを取った結果、夏場の食事作りの悩みについて、約5割の読者が「調理がおっくう」と回答しています。

    続いて「メニューのマンネリ化」「食欲不振」をあげた人が4割近く。サッと作れてサラッと食べられるものを求める傾向が強くなる夏ですが、そればかりでは栄養も偏りがちに……。

    みなさんは一体どのような工夫で夏を乗り切っているのでしょうか?


    夏場によく作る料理は?

    サンプル百貨店調べ

    アンケートによると、よく作る料理の1位は「冷たい麺・パスタ」で6割越え。そうめん、冷やむぎ、おそばに冷し中華と、冷たい麺はバラエティ豊かなので、やはり出番が多いのかも!?

    このほか、定番人気の冷しゃぶ、冷や汁に代表される郷土料理をレパートリーに加えている人も。昨年よりブームの兆しが見えていた冷しご飯は、体をクールダウンしてくれる手軽なメニューとして、この夏さらに人気が高まりそうです。


    「短時間で手早く作れる」が主婦の願い

    夏場の調理で知りたいのは?

    サンプル百貨店調べ

    最も知りたい夏場の調理テクについては、やはり「短時間でできる調理法」が48%という結果に。夏野菜など、食材が傷まない工夫も外せないポイントです。

    夏場は火を止めたあとも鍋が冷めにくい、という利点から、余熱を活かした調理法も知りたいテクニックのひとつ。主婦としては、節電・節約意識も忘れたくないところ。

    そこで今回は、「節約料理」ガイドの大石寿子さんが、夏場の調理におすすめの簡単メニューをランキング形式でご紹介。
    手軽に作るコツはもちろん、食欲増進につながる食材選びや味付けのポイントも解説します。

    簡単で栄養満点、夏バテ知らずの冷やしメニューをレパートリーに加えて、猛暑をパワフルに乗り切りましょう!

    #
    短時間で作れる!食欲アップの冷やしメニュー・ベスト5>>
    暑いさなかの食事作りは大変です。食べる気力までも失せそうです。ということで、今日は短時間で作れて、食欲を刺激して、バテた身体を元気にする夏向きのメニューを紹介。(節約料理ガイド:大石寿子)

    ■次回のアンケートはこちら⇒ 暮らしのAll About アンケート

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。