夫の持ち物が片付く裏技
 

夫の持ち物が片付く裏技ランキング

ふだんはあまり気にならなくても、一度気になり出すと、どうにも気持ちが収まらなくなる夫の持ち物。そこで、一体どうやって整理しているか、夫の持ち物事情を読者アンケートで大調査!すると、出てくる、出てくる女性たちの不満の声。今回は、All Aboutガイドが不要な持ち物を円満に片付ける裏技を紹介します。(text:Reika Kondo、illustration:Miho Fujita)

 
最近の動向をチェック
    ほとんどの女性が「夫の持ち物」に悩んでいる!?
    夫の持ち物、処分したい?

     

    読者アンケートによると、なんと女性の8割が「夫の持ち物を処分したい」と思ったことがあるという結果に。

    処分したい理由をたずねたところ、1位は収納スペースを取るから。2位は使っているのを見たことがないからというごもっともな理由。夫と喧嘩をして腹が立ったから捨てたという、怖~いご意見も。

    では一体どんなものを処分したいと思っているのか、アンケートで詳しく聞いてみました。

    最も捨てたいものの1位は「衣類」、続いて「本・雑誌」

    夫の持ち物で処分したいもの

     

    日常的に増えやすく、処分もしやすい「衣類」「本・雑誌」の2大アイテムがランクイン。まずは衣類に関する不満から聞いてみましょう。 

    ・ 「着古した洋服で部屋着にもならないまま収納。着用する機会もなく、もしかしたら存在を忘れている気がする」(30代 パート・アルバイト)
    ・ 「ひじの部分が破れたり、襟の部分が擦り切れたりしている」(40代 自営業)
    ・ 「買うだけ買って、はかない!」(50代 専業主婦)

    また、いつか痩せるかも?という淡い期待を込めているのか、若かりし頃の思い出にとっているのか「サイズが合わなくなった衣類」という声も多く寄せられました。本や雑誌に関しては、夫本人にしかわからない価値が。

    ・「資料としてとってあるからとダンボールに入れていますが、引越しをしてから一度もあけていません。こっそり捨ててもわからないかもと最近は思うように」(30代 専業主婦)
    ・「古雑誌をだいじにとってても意味がない。もう読まない。」(40代 フルタイム)

    重くてスペースを取るうえ、気づいたらホコリだらけ……なんてことも。ホコリと同じだけミセスの怒りも積もります!

    夫の持ち物を内緒で捨てたことがある女性は約3割

    内緒で処分したことは?

     

    夫に内緒で捨てたことがある人は36%、処分方法については破棄した人が86%でした。捨てても気づかないという声は多いけれど、中には気づかれてもめたり、逆にたしなめられてしまう人も。

    ・「邪魔だから捨てたいと言ったところ、『趣味は人それぞれ』と言われ納得。片付かないままです」(30代 フルタイム)
    ・「毎月届くスポーツチームのファンクラブ雑誌。たまっているので古いものを処分したら夫激怒!」(50代 パート・アルバイト)
    ・「夫の持っていたカップ6個をリサイクルショップに持っていった。ある日突然、まだあるよねと確認されたが時既に遅し。」(40代 専業主婦)

    「片付けて!」と口うるさく言うと嫌な顔をされるもの。だけど、積極的に片付けていれば、こんなうれしいお宝も。

    ・「図書カードはありがたく使わせていただきました」(30代 専業主婦)
    ・「文庫本で同じ巻が2冊あったから古本屋に売った」(50代 パート・アルバイト)
    ・「買ったことすら忘れていると思われる未開封のDVD全巻BOXを発見! 試しに査定してもらうと2万円弱と言われ、迷わず売ってしまいました。もちろんこっそり私のお小遣いに」(40代 フルタイム)

    さらには、「昔のビデオテープを処分。『カビが生えていて大変だったよ』と、もう復活できないことを強調したら納得していました。カビていませんでしたけれどね」(30代 専業主婦)なんて言葉で納得させちゃう上級ワザも。

    今回は、夫の持ち物がみるみる片づく魔法のひと言を「夫婦関係」ガイドの二松まゆみさんがご紹介。家の中すっきりで、夫婦の中も超円満! ラブラブ片付け術を身につけましょう!

    #
    夫の持ち物が片付くひと言・ベスト5 >>
    妻の8割が夫の持ち物を処分したいと思っている!? 夫婦喧嘩の原因になる前に、夫自らサッサと片付けるよう促してみましょう。(夫婦関係ガイド:二松まゆみ)

    ■次回のアンケートはこちら⇒ 暮らしのAll About アンケート

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。