お弁当作りの裏技ランキング

入園や入学、入社など4月は新しい生活の始まりです。初めての環境に慣れるのは大変ですが、愛情たっぷりのお弁当を食べれば元気もわいてくるはず! 最初からハリキリ過ぎて挫折してしまわないよう、All About ガイドが時短調理の裏技をご紹介します。(text:Reika Kondo、illustration:Miho Fujita)

 
最近の動向をチェック
    お弁当をほぼ毎日作る人は約3割!
    お弁当を作る頻度は?

    サンプル百貨店調べ

    20~40代女性にアンケートを取った結果、お弁当を作る頻度は、「週5~6回」とほぼ毎日作る人が3割近く。「週1回以上」という人が52%にのぼりました。

    お昼を買いに行く時間や、お昼代そのものを節約するためにお弁当を作る人はもちろん、お子さんを幼稚園に預けるためにお弁当作りが欠かせないという人もいるでしょう。お弁当箱のフタを開けたとき、思わず笑みがこぼれるような、そんなお弁当を時間をかけずに作れたら嬉しいですよね。

    お弁当作りにかかる時間は?

    サンプル百貨店調べ

    調理時間については、「30分以内ですませる」という読者が73%と圧倒的。朝は炊事洗濯はもちろん、自分の身だしなみにも時間がとられるもの。だからこそ、朝の貴重な時間をお弁当のために割けるのは30分が限度というのが、忙しい主婦の本音かもしれません。


    最も知りたいのは、やはり時短テクニック!

    最も知りたいお弁当テクニックは?

    サンプル百貨店調べ

    読者が最も知りたいお弁当のワザは、断トツで“短時間調理”のお弁当! そろえる材料が少なかったり、手際よく調理できる方法が分かれば、それだけ時間の節約にもつながります。

    その他にも、時短でお弁当を作りたいとは言いつつ、冷めても味が落ちない食材や調理方法、デコや彩りなど見た目がキレイなお弁当と、けして手抜きに見えないお弁当を作りたいという読者が3割近くにものぼります。

    忙しいけれどお弁当は作ってあげたい……こんなワガママを叶えてくれる愛情たっぷりのお弁当テクニックを身につけたいですね。

    今回は「お弁当」ガイドの野上優佳子さんが、効率よく調理するための時短ワザをランキング。調理時間を短縮する、洗い物を極力出さずに済むなど、忙しい朝におすすめのお弁当レシピを紹介します。手際よいお弁当作りをマスターして、楽しい新生活を送りましょう!

    #
    短時間で完成!お弁当テクニック・ベスト5 >>
    忙しい朝は、できるだけ時間を無駄にせずにお弁当を作りたいのはビギナーもベテランも同じ。効率的にお弁当を仕上げるコツをベスト5でご紹介!(お弁当ガイド:野上優佳子)

    ■次回のアンケートはこちら⇒ 暮らしのAll About アンケート
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。