中南米ファッションでおしゃれと気分をアップ!



左から、「HERCHCOVITCH;ALEXANDRE」「OSKLEN」「Tramando」

左から、「HERCHCOVITCH;ALEXANDRE」「OSKLEN」「Tramando」2012年春夏コレクション




ファッションには着る人のハートを揺らし、ワクワクさせたり、元気づけたりするパワーがあります。華やかな色使いやダイナミックなデザインがお得意の中南米ファッションからは、人生を楽しむパッションや、みずみずしいセクシーまでもらえそう。ブラジルやアルゼンチンのブランドは日本でも手に入りやすくなってきたから、2012年の新スタイリングに採り入れて、おしゃれと気分をダブルで弾ませて。


【CONTENTS】
Page 1:◆OSKLEN(オスクレン)
Page 2:◆HERCHCOVITCH;ALEXANDRE(ヘルコビッチ アレキサンドレ)
Page 3:◆Tramando(トラマンド)


OSKLEN(オスクレン)



OSKLEN 2012春夏コレクション

OSKLEN 2012春夏コレクション




スポーツや地球愛とファッションの結びつきが深いのは、大自然に恵まれたブラジルならでは。ヨーロッパで「トロピカル・プラダ」という別名を持つ、リオ・デ・ジャネイロ発のブランド「OSKLEN(オスクレン)」には、アウトドア好きなデザイナーのライフスタイルが息づいています。もともとアンデス山脈へ旅した際、納得できるジャケットがなかったので、自分でこしらえたのが、ブランド立ち上げのきっかけになったそうです。



OSKLEN 2012春夏コレクション

OSKLEN 2012春夏コレクション




デザイナーのオスカル・メツァヴァド氏は医学を修めた後にファッション界へ転じた異色の経歴の持ち主。人体を医学的に熟知しているからこそ、抜群の着心地を生み出せるわけです。デザイナー自身のスポーツ好きをデザインに落とし込むのも、「OSKLEN」の流儀。あくまでもスタイリッシュに仕上げてくれるから、「スポーツ」がキーワードになる2012年春夏トレンドにジャストインのテイストと言えます。

アマゾンの自然を保護するような環境保護にも打ち込んでいるブランドだという点もおしゃれ心を後押しします。天然素材を好んで使い、環境負荷の低い製法を優先する姿勢はリスペクトを感じさせます。

「OSKLEN」のように、各デザイナーのライフスタイルがデザインに生かされているのは、中南米ファッションの傾向とも言えます。同時に、デザイナーを取り巻く地元の文化、風土も各ブランドに色濃く反映されています。1年を通して暑い気候は風通しに優れ、脱ぎ着しやすい軽やかな着こなしを成熟させてきました。豆料理を愛し、マテ茶を欠かさないといった健康を気遣った食文化も、体型をやたらと隠そうとせず、むしろ肉感的な美をポジティブにアピールするラテンアメリカ・ファッションを自然と生み出してきたと言えるでしょう。


次のページでは、光を浴びて照り映えるシャイニーな装い!