知らないと損!体型カバーできるジーンズ

画像の代替テキスト
左 フレアーデニム 12,600円/C.C.CROSS レザージャケット 27,300円/VICKY フリルのブラウス 19,950円/ビアッジョブルー エナメルパンプス 7,245円/R&E渋谷109店 右 スキニーデニム 17,640円/CIMARRON(栄光商事) ベルトつきロングニットパーカ 19,950円、中に着たからし色ニット 価格未定、ロングネックレス 7,245円/以上22オクトーブル エナメルバッグ 11,025円/スタイルコム(東京スタイル)エナメルパンプス 7,245円/R&E渋谷109店

昨年の冬は、裾をクシュっとさせてはく、スキニージーンズが大ヒットしました。そして引き続き、春夏シーズンにはバギーシルエットも登場。さて、今年の冬、デニムのトレンドは、どう変わっていくのでしょうか? 残念ながら今季、これといった特徴的な新顔デニムは登場していません。その分、おしゃれリーダーたちは、通勤デニムを選ぶ際、いかに体型を美しく見せてくれるシルエットかどうかにこだわって、ベストな1本を探しています。みんなが選んでいるシルエットは、人気が衰えないスキニーと、美脚ラインが見直されているフレアー。今回はこの2タイプをクローズアップして、少しでもスタイル良く見えるデニムの選び方、そしてそれぞれを、品良くトレンドを取り入れてはきこなすコーディネイトテクをご紹介します。

〔CONTETS〕
Page1:体型カバーできる、スキニーデニムのセレクト法
Page2:完璧な美脚を狙える、フレアーデニムのセレクト法
Page3:スキニーは、ボリュームトップスを合わせて今年らしく
Page4:フレアーは、コンパクトなアウターでキレイめにはく


体型カバーできる、スキニーデニムのセレクト法

画像の代替テキスト
ほどよいフィット感のCIMARONのスキニーなら、スタイルアップできます。縦ライン状に入った色落ち、ゆったりとしたシルエットのおかげで、大人っぽい雰囲気と美脚が実現。スキニーデニム 17,640円/CIMARON(栄光商事プレスルーム) パンプス 7,245円/R&D渋谷109店 トップスは私物。

毎シーズン、新しいデザインやブランドが登場するデニム。数ある中からもっともスタイル良く見える1本を探すには、根気強く試着するしかありません。今回、パソコンで読めるファッション誌「デジタルef」の読者モデル、高木綾美さんに、スキニーデニムを徹底的に試着してもらい、美脚に見えるセレクト基準を研究してみました。スキニーデニムの中でもっとも体型が美しく見えたのが、「CIMARON」。国産メーカーのデニムの方が、やはり日本人の体型には合う感じでした。

美脚スキニーデニムのセレクト基準

画像の代替テキスト
Miss EDWINとSOMETHINGのスキニーも、ヒップの大きさを目立たせず、下半身をきれいに見せてくれます。右 引き締め効果のある黒デニム。スキニーデニム 10、500円/SOMETHING(エドウィン) 左 赤いステッチとボタン飾りがついたヒップポケットのおかげで、キュッとコンパクトなおしりを実現。スキニーデニム 11,550円/Miss EDWIN(エドウィン)

昨年、大ブームだったスキニーデニムは、よほどスタイルが良くなければ、ヒップが目立ち、足が短く見えてしまいます。でも選び方次第で、かなり差がつくアイテムでもあります。まず、ピタピタすぎるラインは避けること。とくに膝下がフィットしすぎるものは要注意。また、ヒップポケットにステッチなどのデザイン性があり、ポケット位置が下めについているものを選ぶと、小尻効果があります。さらに、デニムの色落ち具合も重要ポイント。太もも部分に、縦長ラインで色落ちされているものなら、足のラインもほっそり見えます。

次のページでは、完璧な美脚を狙える、フレアーデニムのセレクト法をご紹介します。