Made in フランスのアディダス...

「フランス産のアディダスって、どうなの?」とずっと思っていた。
と言うのも、アディダスほど、原産国が取り沙汰されるスニーカー・ブランドは、他にないからだ。
マニアは、"フランス産のアディダス"について、やたらと饒舌になる。いわく「革質が違う」、「形が違う」云々...

それでは、自分も手に入れて、どこがどう違うのか検証してみようか、と思っても、これが意外と物がない。スタンスミスやスーパースターという、永遠の定番モデルになると、ほとんど底が抜けていたり、かかとが破壊されているような物でも、ヴィンテージと称して、結構な値段が付けられている。
今はもう作られていない物に、ヴィンテージとしての価値を置く、そんな衣服へのディレッタンティズムは、私にはないので、何かのついでに見つかった時でいいか、と思っていた。
ところが、本国フランスに出向いた時でも、(ついでに)見つかる物ではなかった。予想したより、全然ないのである。コンディションがまともな、スタンスミスやスーパースターに出会うより、程度の良いヴィンテージのエルメスのケリーやバーキンに出会う可能性の方がまだ高かった。
知り合いのパリの古物商などにも、もしあったら、声をかけて、と頼んでおいたのだけれど、期待はしていなかった。 ついでに見つかるものでもないし、かといって、躍起になって探すほどのものだろうか、という気持ちもあった。

で、先日たまたま、日本のある人から、そんなに高くはない値段で譲り受けたのが、こちらのフレンチ・メイドのスタンスミス。


"世界でもっとも売れたスニーカー"として、ギネスブックにも載っているスタンスミスは、これ以上シンプルにならない、というほどシンプルなデザインとなっている。
ファッション・デザイナーでも愛用者は多く、マーク・ジェイコブズ 氏などは、メディアに登場する時は、ほぼ決まって、白/緑のスタンスミスをはいているし、他にもコム・デ・ギャルソンの川久保玲氏がはいているのを、目にしたこともある。
現在は復刻版が発売されており、街でもっとも多く見かけるスニーカーであることに変わりはない。


実物を手にしてはじめて分かることなのだが、このフランス・メイドのスタンスミスは、現行の物とはかなり異なる。いや、まるで別の靴と言った方がいいかもしれない。
まず、あめ色に変色したソールの色、これはある時期までにフランスで生産された物の特徴となる。
左の写真のように、スタンスミスの肖像の下に、Made in Franceと記載されていない、後記のフランス物は、もっと白いソールを使っているようだ。
経年変化で、白がただ汚れてくるのではなく、深い色見に変わってくる風合いが、他にはない、クラシックな雰囲気を感じさせる。


アッパーに使われている革は、おそらく生産後20年以上が経過している物のわりには、ツルッとした肌理の細かさがあり、光沢感も失われていない。
厚手のしっかりとした革が使われているが、それが少しクタっとした感じが、画一的な規格品である、今のスニーカーとは異なる、とぼけた味わいとなっている。
革一枚で裏地は縫い付けられていないので、足になじむ。履き込むうちにアッパーの革が次第に足に合うように変型してゆき、一体感を増してゆくそうだ。
見た感じは写真のように、現行のスタンスミスよりも細く長い印象を受ける。
アディダスは靴のラストが細いのか、常々2サイズほど大きめの物を購入するようにしていたが、このフランス産のスタンスミスなら、ジャストサイズで選んでも、圧迫感はなく、心地よいフィット感を得れれる。
しかも、見た目は、現行の物よりも細身で大人っぽい形だ。
"ジャケットに革靴"、よりも、"ジャケットにスニーカー"を合わせるスタイルの方が、服を上手に着くずしている感じが出るが、大人が擦り切れたコンバースのオールスターでは、ちょっとラフにハズし過ぎている感じがして、なかなか難しい。
そのスタイルのベストは、今でもジョン・レノンだと思っているけれど、自分でもハマりの靴がないか、探していた。
フレンチ・メイドのアディダスは、うってつけの靴だと思う。





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。