アメリカの女性監督、ソフィア・コッポラが描く
世界一有名な王妃、“マリー・アントワネット”

究極のセレブリティー、マリーは当時最高のファッションリーダー。映画に出てくるリュクスな衣装は、アカデミー賞を2度受賞したミレーナ・カノネロ氏が担当。女性なら誰もが視線を奪われてしまう、スウィーツ達……こちらは1862年創業のパリの老舗「ラデュレ」製。これらも必見です! 
(C)2005 I Want Candy LLC.

ニューヨークでファッショニスタとしても定評のある、映画「ロスト・イン・トランスレーション」でアカデミー賞脚本賞を受賞した映画監督のソフィア・コッポラ氏。フランシス・フォード・コッポラ監督の娘としても知られています。今やアメリカを代表する女性監督です。そのコッポラ氏の最新作「マリー・アントワネット」がNYをはじめ、世界中で話題を呼んでいます。
日本でもいよいよ来年1月に公開されます!

【CONTENTS】
  • Page 1:ソフィア・コッポラが描くマリー・アントワネット

  • Page 2:マリー・アントワネット流ファッション

  • Page 3:マリーが大好きなお菓子や宝石の世界


  • ジュエリーはNYの「フレッド・レイトン」。毛皮は「フェンディ」。食器は150年の歴史を持つ「ベルナルド」。一流品が続々と登場!しかし、豪華な生活の中でいつも1人ぼっちの孤独を感じるマリー……。
    (C)2005 I Want Candy LLC.

    コッポラ監督は、最も愛され、最も憎まれた、世界一有名な王妃マリー・アントワネットを1人の女性としてフォーカスし、マリーの生涯をヴィヴィッドにポップにソフィア流に描き出しています。
    ちょうどマリー・アントワネット生誕250周年でもあり、オマージュという意味でもコッポラ監督がこだわったのは、映画を本物のベルサイユ宮殿で撮影すること。世界で最も有名で、富裕層・特権階級・贅沢の象徴であるこのベルサイユ宮殿でロケを、という監督の強い願いがかなって、フランス政府が協力し、撮影が実現しました。
    「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」というマリー・アントワネットの放った言葉は有名です(異説があります)。ただ、わずか14歳でオーストリアからフランス王家に単身嫁ぎ、18歳にして王妃になった世間知らずのマリーにとっては、仕方がなかったのかもしれません。

    A mon avis
    どんなに着飾っても、心は着飾ることができなかったマリー……。しかし、マリーは服を通してだんだん自信を持てるようになり、ファッションの力を借りて精神的に成長していくのです。・映画に出てきたマカロンのようなポップなピンクカラーのコート風ドレス 33,600円 
    ・淡水パールネックレス 7,140円 
    A mon avis(アモナヴィー)
    映画の中ではマリーの周囲には24時間、寝るときでさえも、必ず人が近くにいます。身の回りの世話はもちろん、服を脱ぐのも着るのもすべてマリーが自分ではしてはいけないとう状況です。

    最高の名誉と贅沢を手に入れて、究極のセレブリティーだったマリーには、実はプライバシーが一切ありませんでした。籠の中の鳥のように、狭い世界でしか生きることができなかったのです。マリーは母親に送った手紙に「私は全世界の人々の前で、口紅を引き、手を洗う」と書いたそうです。それほどプライバシーはなかったのでしょう。

    靴フェチの女性必見!溜息が出てしまいます。マリーは毎日違うシューズをひっかえとっかえ。まるで靴が宝石や高級スウィーツのよう。映画で使用されたこれらの靴は世界を代表するあの「マノロ・ブラニク」がこの映画のために捧げた特製の靴です!流麗なシルエットに、際立つ美しい装飾はスクリーンから私たちを魅了します。 (C)2005 I Want Candy LLC.

    14歳でフランス王室に嫁ぎ、愛のない夫との結婚、子作りを義務づけられているにもかかわらず、夫のルイ16世は性生活を長く放棄します。そのせいで子供ができませんでした。7年半もの長い間、セックスレスで、子供ができなかったことから、いわれのないプレッシャーを受けるマリー。その外圧から逃れるために行き着いたのが買い物三昧、贅沢三昧、不倫……。プライベートの虚しさを紛らわせようと、靴やドレス、宝石、お菓子、シャンパンなどの浪費に走り、ギャンブルやパーティーにはまっていったのです。この心理状況は女性の多くが共感できるのではないでしょうか。

    キルステン・ダンスト
    愛らしくてそれでいてちょっと反発的なレディー。そんなイメージに女優キルステン・ダンストがピッタリだったそうです。 
    (C)2005 I Want Candy LLC.
    派手な生活に明け暮れていたマリーにもようやく子宝が授かりました。母親になって、マリーは大きく変わりました。
    ナチュラル&ヘルシー志向に規則正しい生活。それまでとは正反対の生き方です。自然とふれあう生活を通して、社交界では得られなかった安らぎを感じていき、宝石や贅沢品にはあまり興味を示さなくなりました。
    マリー・アントワネット役は、映画「スパイダーマン」シリーズのヒロインを演じた女優キルスティン・ダンストです。コッポラ監督は、マリーを英国王室の伝統と束縛の中で苦しんでいたとされる、故ダイアナ妃に結びつけてイメージしたそうです。

    次のページでは、女が酔いしれるマリー・アントワネットのロイヤルファッションにフォーカスします!