マドンナが「ライク・ア・バージン」を歌っていた頃、そして、マイケル・ジャクソンが「ビリー・ジーン」を歌っていた頃、そう、あのロックな80年代スタイルが帰ってきました。今季の「バルマン」Spring&Summerコレクションは、ビートの効いたロックスタイルが中心。80年代のテイストを散りばめつつ、現代風に洗練されたアイテムは、私たちに、独特の高揚をもたらします。早速チェックしてみて!

【CONTENTS】
・Page1とってもマイケル・ジャクソンなジャケット!ヘビー・メタル篇
・Page2:とってもマイケル・ジャクソンなジャケット!ポップ・スター篇
・Page3:今日のわたしは“ディスコクィーン”!
・Page4:全世界を魅了したオドレイ・トトゥの「バルマン」ドレス!

とってもマイケル・ジャクソンなジャケット!ヘビー・メタル篇


バルマン
歌って踊って「フー!」なジャケット。マイケル・ジャクソンが、「スリラー」「ビート・イット」を歌っていたときのような衣装を現代風にアレンジし、エレガントに仕上げたスタージャケットです。ライダース風のスキンタイトなデニムをコーディネート。

クリストフ・デカルナンによるピエール・バルマンのショーは、今季で6シーズン目を迎えました。彼が生み出すセクシーなシルエットは、ファッションのプロたちにも好評で注目を集めています。2009年春夏はロック魂を感じさせるコレクションで、最も特徴的なのはスクエア型のジャケット!80年代風のボリュームのある鋭敏なショルダー、スタッズをたっぷり散りばめたロックスターなジャケットが多数リリースされました。ボトムはグっと引き締めてナイスバランス。ケミカルウォッシュのスリムジーンズでカッコよく!

バルマン
ブラックの光沢がカッコイイ!ミリタリー調のジャケット!

こちらもスクエア型のジャケット。メタルなどスタッズ素材をたっぷり配したロックなブラックジャケットです。光沢感がゴージャスでセクシー。ミリタリー調で、まるでブラックパンサーのようなソリッド感、アシッド感を彷彿とさせる1枚。マット&ドライな質感のスリムジーンズにも注目して!

バルマン
メタルやボタンのデザインが特徴的ですね。ホワイト×スモーキーブルーで、甘えのないスパイシークールなスタイリング。

こちらはメタルデザインが印象的なスクエアジャケット。スモーキーブルー×ホワイト×シルバーが生み出す独特の爽やかさとスポーティーなルックスは、辛口スタイルがお好きな方に超おススメですよ!ジャケットのINには、ビジューをたっぷり施したメッシュトップスを合わせています。スキンタイトなパンツを切り返すことで、足をより美しく見せるテクニックが使われています。

まだまだ続く!尖がりショルダーのスクエアジャケット特集。さらに、ロックスターな煌めくジュエリージャケットに迫ります!