落札金額を出品者に支払います。落札金額のほかに、たいていの場合「送料」が加わります。振込金額はよく確認してから振り込むようにしましょう。

支払方法の多くは「銀行振込」ですが、その他に切手支払いや、クレジットカード支払いが使えることがあります。

■銀行振込
相手の口座に振り込む場合は、銀行名・口座番号をきいて振込ます。振込手数料は落札者の負担となります。ネットバンキングを利用すると、銀行に行くことなく振り込めます。

またイーバンク銀行や、ジャパンネット銀行などのネット専業銀行を利用すると、振込手数料が安いうえに、24時間リアル送金が可能になり、取引がよりスピーディになります。

たとえば、

夜、落札 → 直後に連絡を取り合う → 深夜、ネットバンクからネットバンクに振込 → 相手が確認 → 翌朝宅配便で発送

と、このようにスピーディな取引が可能です。

ジャパンネット銀行のサイト


■受け取り後決済サービス(Yahoo! オークション)
Yahoo!ネットバンキングに登録の口座から支払ができます。

■Yahoo!かんたん決済(Yahoo! オークション)
落札者は、クレジットカードやインターネットバンキングの口座から商品代金を支払えます。

■楽天オークション
クレジットカードか銀行振込を選択することができます。


【関連記事】
  • 「お金を払ったのに商品が届かない」も解決できそう WebMoneyエスクローサービス
    WebMoneyが、オークションエスクローサービスを始めました。オークションでは「お金を払ったのに商品が届かない」というトラブルが絶えません。WebMoneyエスクローを使うと、そのようなトラブルが避けられそうです。

  • JNBの新しいパスワードシステム、トークン
    ジャパンネット銀行の新しいパスワードシステム。トークンによる使い捨てのワンタイムパスワード。郵送されてきたトークンを使うためには登録が必要です。

  • Yahoo!かんたん決済で落札代金を支払う
    探していたものが見つかっても、現金がなかったら入札できません。そんなときに便利なのがYahoo!かんたん決済。個人間の取引でもクレジットカードで支払い、しかも出品者にはカード情報が知られません。

  • イーバンク3万円以上の他行振込250円に
    他行への振込が一律160円だったイーバンク銀行。3万円未満は160円据え置きで、3万円以上のみ 250円に値上げ。イーバンクの利用も控える?いえいえ、それでもまだお得感あります。

  • ジャパンネット銀行の魅力は?
    ネットオークションには欠かせないネットバンキング。人気が高いジャパンネット銀行(JBN)ですが、その魅力をまとめてみました。

  • ヤフオクがJNB電子マネーを導入
    ジャパンネット銀行が、2008年8月5日より新たな決済サービスである「JNB電子マネー」を始めました。JNBマネーの導入により、さらに簡単に便利にヤフオクでの落札代金の決済ができるようになります。

  • 残高照会はアグリゲーションで一気に MoneyLookを使おう!
    ネットオークションでは、落札者からの入金確認、出品者に振込、とネットバンキングは大活躍。複数の口座は便利だけど、ちょっと面倒。そんなときにアグリゲーションサービスを。

  • 新生銀行 他行振込手数料無料回数変更
    便利!お得!だった、新生銀行の他行への振込手数料無料。2008年7月1日からとうとう1回のみ(※)になりました。気がつかず振り込んでしまうと、300円の手数料がかかります。(※お取引内容によって変わります)

  • 切手払いのメリット・デメリット
    支払い方法を見ていたら、「切手払い可」と書いてありました。切手払いってなんですか?何かメリットはありますか?デメリットは?

  • 落札できたら、楽天あんしん取引で取引する
    楽天オークションで落札できたら、楽天あんしん取引で取引をします。取引手順と注意点を確認してください。

  • 振込は早ければいいってもんじゃない?
    落札したら、できるだけ早く相手の口座に振り込んで・・・・確かに早い振込は好感が持てますが、ちょっと待った!!早い振込、早い対応はよいのですが、振り込む前にこれだけは確認しておきましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。