オーストラリア/オーストラリア基本情報

ジェットスター本音搭乗レポ3/乗継ぎ、他

常識破りの激安航空券で話題になっているジェットスター。気になる機内サービスなどの詳細レポートPart3は、日本語案内とブリスベンでの乗継ぎ、オンライン予約についてです。激安航空券の予約もこれで完璧!

執筆者:平野 美紀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
格安航空ジェットスターはシルバーの機体
先日も再びオーストラリア往復2万円という、常識破りの激安航空券を販売したローコスト・キャリアのジェットスター。これからもこうした激安チケットが注目されるところですが、これから乗るという人にとって気になるのは、機内サービスや乗り継ぎなどがどうなっているのか?というところだと思います。

そこで、ガイドが体験したジェットスター搭乗の様子を包み隠さずお届けしているレポートPart3では、日本語案内や乗り継ぎ、そしてオンライン予約を徹底解剖!いまだかつて経験したことのない驚きの実体験を交えて、ジェットスターの乗り継ぎとオンライン予約についてレポートします!

≪格安ジェットスター本音搭乗レポ Part 3≫
  • 機内及び到着空港での日本語案内はどうなっている?
  • ブリスベン空港での乗り継ぎ
  • 乗り継ぎで大わらわ!? ガイドが経験した仰天フライト
  • 知られざるオンライン予約のカラクリ


    ジェットスターの機内及び到着空港での日本語案内

    オーストラリア東海岸上空を
    飛行するジェットスター

    日本初就航の豪系航空会社ということで、機内や到着空港などでの日本語案内に注目してみました。

    シドニーまで行く場合はブリスベンでの乗り継ぎが必要となりますので、乗り継ぎはスムーズにできるのか?という点はとくに重要。わからなかったら不安になるばかりか、置いてきぼりでも食らったら泣いても泣ききれません…。そこで、機内や到着空港などでの「日本語案内」を徹底チェック!

    豪カンタス系列のジェットスターですが、日本路線においては機上スタッフとして日本語の話せるCAが最低2名程度乗務しているようです。私が乗った時は、1名は日本人、1名は日本語の話せるオーストラリア人でした。

    ジェットスターのCAにはアジア系も多く、一見しただけでは日本人かと思う人もいますが、皆が日本語を話せるわけではありません。各自胸に自分が話せる言語の国旗型バッジをつけているので、それを目安に。

    機内アナウンスも(少々たどたどしかったりしますが)日本語でされますので、とくに心配は要らないと思います。

    また、シドニーへ向かう場合、ブリスベンでの乗り継ぎが必要となりますが、ブリスベン空港ターミナル内で乗り継ぎ案内をする地上係員が2名ほど待機しています。そのうち1名は日本語の話せるオーストラリア人で、日本語で案内していました。

    「完璧な日本語」とまではいきませんが、ある程度の対応は日本語でOK。ただし、難しい話になると英語になってしまうところも…。とはいえ、単純に大阪→ブリスベン→シドニーと乗り継ぐだけなら、それほど難しい話をする必要もないと思いますので、とくに問題ないと思います。


    ブリスベン空港での乗り継ぎ

    シドニーまで行く場合、関西空港でシドニーまでの通しチケットが発券されている人は、到着したブリスベン空港ターミナル内に出ている係員の指示に従って、空港内の待合ロビーで待機することになります。この場合、待機時間は約1時間程度となっています。

    待機後、再び搭乗するのは、関西から乗ってきたのと同じ便=JQ18となります。この場合、関空で預けた荷物はそのままシドニー空港まで行きますので、ブリスベンで受け取る必要はありません。最終到着空港であるシドニーで、バゲッジタグと引き換えにピックアップすることとなります。

    ところが一部、シドニーまでの通しチケットが発券されないことがあります。これは予約便が、関空からブリスベンまではJQ18でありながら、ブリスベン→シドニー間が別の便名になっている場合。

    実は、ガイドはこの便になってしまっていたのでした…。意図的ではなく、この便になってしまっていたことで思わぬ事態に……。いまだかつて経験したことのない驚きの乗り継ぎ体験については、次のページで詳しくお届けします!

  • 更新日:2007年05月01日

    あわせて読みたい

      この記事を読んで良かったですか?

      良かった

      1

      この記事を共有する