結婚式・披露宴マナー/結婚式・披露宴マナー

披露宴の招待状の返事の書き方

結婚式披露宴の招待状が届いた際の、正しい返事(返信)の仕方・書き方マナーをご紹介します。新しい人生のスタートをお祝いする気持ちは、出席の返事からもうすでに始まっています!

執筆者:中山 隆司

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出席の場合は


御出席の「御」を二本線か斜線で消します。「出席」を丸で囲みます。その下の方に「このたびはご結婚おめでとうございます」「喜んで出席させていただきます」と書き入れます。「御欠席」、御住所の「御」と御芳名の「御芳」を二本線か斜線で消します。




欠席の場合は


「御出席」御欠席の「御」を二本線か斜線で消します。「欠席」を丸で囲みます。その下の方に「このたびはご結婚おめでとうございます」「当日はあいにくやむをえない用事がございますので」と書き入れます。事故や、仏事、葬儀など身内の不幸と重なった場合には上記のように理由をはっきり書かないようにします。御住所の「御」と御芳名の「御芳」を二本線か斜線で消します。

みなさんが、結婚する時にわかると思いますが、返事が来ないと引き出物、披露宴の手配などほんとに困ります(筆者も経験済み)。届いたその日に出来るだけ早く、返信しましょう。


更新日:2013年08月01日

(公開日:2001年05月16日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    50

    この記事を共有する