家事/エコ家事

簡単手作りバスボムで、ロハスなバスタイム

重曹とクエン酸、コーンスターチがあればできちゃう、簡単バスボムの作り方です。お好みのエッセンシャルオイルで香り付け、食紅で色付けもできます。環境に優しい入浴剤作り、試してみませんか?

執筆者:立石 絹子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春を待ちわび、桜とお花の抜き型でバスボムを作りました!
春の訪れが待ち遠しい昨今、夜はまだまだ冷え込みますね。入浴するときに、ポン!と入れてシュワ~~っ!とするバスボムであったかバスタイムいかがですか?

排水として流れても、重曹とクエン酸、コーンスターチなど天然素材で作るので環境にも優しいです。

お好みの精油を少し入れるだけで、好みの香りにすることが出来てリラックスムードを演出できます。

重曹泉で知られるように、重曹風呂は温泉のような効果があると言われています。湯上りもポカポカ。肌もツルツルでいいことづくめなんです。

環境に優しくてお肌にも心にも優しい、バスボムを簡単に手作りしちゃいましょう!

材料(1~2個分)

■重曹…大さじ2
■クエン酸…大さじ1
■コーンスターチ…大さじ1(なければ片栗粉)
■精油(アロマオイル)…数滴
■水…ほんの少し

■お好きな抜き型
■スポイト

沢山作りたいときは、何倍かにして作ってくださいね。


次のページで、作り方、保存の仕方、コツなどをご紹介します!>>

更新日:2007年02月28日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    6

    この記事を共有する