夫婦関係/夫婦円満のコツ

夫婦円満の秘訣ベスト10発表!!

All Aboutで行った「夫婦円満の秘訣」アンケート結果の発表。結婚生活ガイド二松が推奨する「セックス」は果たして何位か?

この記事の担当ガイド

カップル不仲の原因を「性」を通して考えるセックスレス改善専門家

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんでもランキング「夫婦円満の秘訣」発表[セックスは7位!]

AllAbout主催「夫婦円満の秘訣」のランキングが決定しました。
夫婦仲相談所の所長として、興味深い結果に胸躍りました。
私の推奨する「夫婦ラブラブセックス」は7位でした。
では、ベスト10をじっくりお読みください。

■10位 ペット  
これは、私の記事「ペットを飼って夫婦円満」にも書いたとおり、夫婦喧嘩もペットの顔を見れば、自然と解消する、あるいは夫婦一緒に散歩に出かけてしまうというケースがあるからでしょう。ペットによる癒し効果です。

●ペットと答えた方のご意見
・15年以上夫婦をしていると、会話もなく、同じ部屋にいながら、お互いがそれぞれパソコンしていることも・・・
そんな時、Mダックスを飼うことになり、それからは、会話が増えました。

・子供のいない我家はいつまで経っても友達夫婦で、お互い言いたい事を言うからしょっちゅう口喧嘩。冷戦状態になってる時に間を取り持ってくれるのが猫。猫に話しかけてるうちに何で喧嘩してたのかな?って思ってしまったり・・・

・二人で、ひたすら愛犬をかわいがっています。また、外出の際には犬を連れてでかけて、知らない人から犬をとても可愛がられたり褒められると、二人で鼻高々な気分になります。二人とも同じような気分を味わうことができるのが、良いことかなと思います。

■9位 たまにけんかをする
ストレスをためないように、時にはガス抜きを。プチ喧嘩はガス抜きになります。
たしかに、喧嘩もしないほど冷え切った夫婦関係は寂しすぎます。

●たまに喧嘩すると答えた方のご意見
・喧嘩をしてもその日のうちに仲直りするか、仲直りしていなくても次の日には何事もなかったように接する。 ただし、喧嘩した理由を忘れちゃだめですよ。 あと、喧嘩するときは本音をきちんと言うのが大事。

・一概には言えませんが、不満を持ったまま黙っているより、その都度言い合いした方がストレスも溜まらずいいのでは。 一緒に住んでいるので、仲直りもすぐですし。

■8位 スキンシップ
大賛成です。私の著書「もっと、夫婦は恋できる」でもさんざん「スキンシップを意識して実行しましょう」と提案しています。それを実行して夫婦仲がよくなってきたというご意見も多数いただいております。
スキンシップは、夫も妻も自ら意識しないとなかなかできません。
タッチしましょう。毎朝、毎晩。

●スキンシップと答えた方のご意見
・毎日、どこでもいいから、BODYタッチ。できれば、毎日いっしょに風呂に入り共通の趣味、友達の話題を話す。また、たまには1日、2日お互い干渉しないようお互いの自分の時間をとりお互い羽を伸ばすことも必要。

・イヤラシイ意味でなく(笑)外出時に手をつなぐとか、眠る時に手をつなぐとか。それを見て子供達も嬉しそうなので、夫婦円満=家族円満かな。

■7位 セックス
夫婦仲相談所所長としては1位になってほしかったのですが、ベスト10に入ったことは嬉しい限りです。セックスレス大国日本です。夫婦ラブラブでいるために「セックス」はもっと真剣に取り組んでいきたい課題です。

●セックスと答えた方のご意見
・直接的ですが、セックスすることと、お互いにセックス出来る関係にあることが大切。

・理屈抜きです。いろいろあっても、一時間もすれば、翌朝はにこにこです。可能な限り週2を心がけています。

・定期的なセックスを行うことで心がいやされる。愛があるっている証拠です!きっと・・・

・性生活が満足であれば、互いの欠点はそれほど気にならなくなると思います。

・やはり性生活は一番大事ですよ!! 男も女もきれいになれます!!

・愛があるっている証拠です!きっと・・・

■6位 相手を尊敬・尊重する
これも大切な要素です。尊敬することによって、相手に対する言葉も仕草も変わってきます。
夫婦といえども、もとは他人。相手をひとりの人として敬うことを忘れないでください。

●尊敬、尊重と答えた方のご意見
・結婚すれば、少なからず恋人時代には知らなかった相手の一面を見ることになる。
「こんな筈ではなかった...」と思うたびに、「騙された」と考えるのではなく、「どうしてそのような行動・考えになるのだろう」とか「相手を自分に合わせさせるには、どうしたら良いだろう」と考える。 すれ違いの理由を相手に求めず、お互いの意見の相違を尊敬しつつ、駆け引きを楽しむことが大事。

・好きだ惚れたという気持ちは必ず薄らいでしまうもの。尊敬の気持ちがあればその後もパートナー関係はうまくいくと思う。尊敬の気持ちがないとお互いに欠点探しをしてしまったりしてそれがうまくいかなくなる最初の原因。

■5位 干渉しすぎない
9位の「たまにけんか」と同じジャンルになります。相手のことを気にしすぎると「重い」と感じるようになります。
とくに、妻側にアドバイスですが、夫の携帯メールをのぞいたり、「今夜は誰と飲みに行くの、何時に帰るの、明日の予定は何」と矢継ぎ早に聞くのはNGです。適度な距離は大切です。

・干渉はお互いに不愉快になるだけ、でも、お互いの「ちょっと聞いて」というタイミングは逃さずに「何々?」ときちんと聞いてあげること。干渉しないようにしないようにしていると、つい無関心になってしまって、ひどい時には相手の話が右の耳から左の耳へするーっと抜けてしまう。いつもは空気の様な存在でも、肝心の時にはいつもすぐ側にいるよという安心感を与えてあげられるから。

・自由度=円満度となる気がします

・相手の嫌な部分が見えてくるのが夫婦生活だが、それを気にし始めると一緒にいたくなくなるので、お互い細かい事を気にしないように相手の事を干渉しないようにしている。そうすると、お互いの良いところの方がよくわかるようになる。

■4位 おいしい食事
hi
「はい、あ~ん♪」

当然と言えばそれまでですが、料理に自信のない人でも相手に喜んでもらおうという気持ちを込めて作れば、その料理は最高の一品になります。
そして、楽しい会話をしながら食卓を囲むことで、夫婦仲はますます円満になります。

●おいしい食事と答えた方のご意見
・おいしいごはんがあって、たくさんおしゃべりをすればたいていのことは解決する。大喧嘩になって顔を合わせるのもイヤになっても、もうすぐ1歳のわが子の前では2人とも笑顔になってしまい、ケンカは続かない。

・おいしいご飯を作り遅くても夫婦は一緒に食べる。家に居る時は同じテレビを見て共通の会話をする。主人には話を聞いてもらうというより質問風にして意見を求めるようにする。おいしい食事があれば心が和み、食材からも会話が弾みます。

・一緒に料理をしていると、寒い冬でも暖かいし、一緒に作った料理を一緒に食べるとこれまた、格別なおいしさですょ♪ 話も弾むし、苦手な食べ物もへっちゃらでたべられる、一石二鳥です^^

更新日:2006年03月08日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    17

    この記事を共有する