ネイルアート/ネイルアート関連情報

簡単ネイルケア1・マストな道具8種

キレイにマニキュアを塗るには、ネイルケアをしっかりと!健康な爪を維持するためにもネイルケアは欠かせないものです。おうちでできる簡単ネイルケアのプロセスを、4回に分けてご案内してきます!

執筆者:小笹 文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本来「マニキュア」という言葉は、ラテン語で「手のお手入れ」のことを指します。爪先をキレイに見せるためには、ベースとなるネイルケアが重要です。爪をキレイにお手入れすると、ポリッシュをムラなくキレイに塗ることができます。もちろんポリッシュを塗らない爪も、ケアをしているだけで十分上品な印象の指先になります。ネイルサロンに、ネイルケアだけしに行くのももちろん大丈夫。大体2000円から3000円くらいです。

けれどももっと簡単に、自宅でネイルケアができたら便利ですよね?ちょっとしたコツを覚えれば、簡単にネイルケアができるようになります。これから4回にわたって、自宅でできるネイルケアをご紹介してきます!

その1道具の用意
その2爪の形を整える(ファイリング)
その3甘皮を処理する(クリーンアップ)
その4マッサージ


この記事では、爪のお手入れのためにどんな道具が必要なのか、ご紹介していきます!



一気に揃えなくてもOK!お風呂あがりのケアがオススメ


今回は肝心の道具をご紹介します。ネイルの商品を多く扱うお店では大体取り扱われていますが、近くのお店にない場合は、通信販売で手に入れる方法もあります。

1.エメリーボード(ファイル)
爪先を削る、「やすり」。大手のドラッグストアでは簡単に購入できるようになりました。紙製のもの、金属製のもの、いろいろありますが、爪への負担を考えると、紙製のものがオススメ。地爪用のものをエメリーボード、スカルプチュア等の人工爪用のものをファイルといいます。1本100円位から販売されています。かわいいデザインのものも豊富!

2.オレンジウッドスティック
甘皮の処理をしたりする際に使う、木でできたスティック状のものです。ネイルケアだけではなく、ポリッシュを塗る時やリムーバーを使う時にもとても重宝する道具なので、持っていると何かと便利です。5本で300円位から販売されています。

3.コットン
リムーバーを使う際に使用する、お化粧用のコットンはネイルケアの時にも活躍します。普段使っているコットンで大丈夫です。

4.キューティクルリムーバー
余計な甘皮や古くなった角質ををやわらかくし、取り除くためのものです。塗るとみるみる角質がやわらかくなり、処理がとても簡単になります。液状のものやクリーム状のものがあります。1,500円から3,000円くらい。

5.ステンレスプッシャー
オレンジウッドスティックで処理しきれなかった甘皮には、このプッシャーを使うと便利です。確実に甘皮を押し上げてくれます。手に入らなかった場合は、オレンジウッドスティックだけでも大丈夫。3,000円位から販売されています。

6.キューティクルニッパー
ささくれができた時、無理にむしったりしていませんか?そうすると、そこからまらささくれができやすくなったり、角質が硬くなってしまったりします。このキューティクルニッパーを使って、古い甘皮や角質、ささくれ等を取り除きます。5,000円前後で販売されています。

7.キューティクルオイル
爪や甘皮の乾燥を防ぐために使います。これを使ってマッサージすることにより保湿効果を与え、健康で丈夫な爪を育成します。2,000円位から販売されています。

8.バッファー
爪の表面の凹凸を滑らかにする時に使います。爪の表面が驚くほどピカピカになり、ポリッシュの塗り心地も違いますよ!目の粗い方から使います。使い過ぎると爪が薄くなってしまいますので、注意しましょう。


その他に、ガーゼハンドクリームも準備してください。普段使っているもので大丈夫です。

これらの道具は、一気に揃えなくても大丈夫です。道具を一つも持っていない方は、まずエメリーボードとオレンジウッドスティック、キューティクルリムーバー、キューティクルオイルだけは揃えてみてください!

オススメはお風呂あがり。適度に水分を含んだ指先は、ケアをするのに適度なやわらかさになっています。それ以外の時のケアであれば、事前にぬるま湯に10分程指先をつけておくといいですよ。

次の記事では爪の形の整え方について、ご紹介していきます!


更新日:2004年07月21日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する