フリーソフト・シェアウェア/ユーティリティソフト

テキストファイルを音声で読み上げるソフト

テキストを合成音声で読み上げ、それをWAVEファイルで保存できる。そんなユニークな機能を持つフリーソフト「SofTalk」を紹介します。作業効率アップにつながる意外な使い方も併せてご紹介!

執筆者:吉原 克

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文章は目で見るより耳から聴いたほうが理解しやすい。そんな人も多いのではないでしょうか(かくいうガイドもその1人です)。
今回は、テキストを合成音声で読み上げるユニークなソフト、「SofTalk」を紹介します。

=CONTENTS=
■「SofTalk」とは
「SofTalk」の使い方

「SofTalk」とは

「SofTalk」は、入力されたテキストを合成音声により読み上げるソフトです。テキストの入力方法には、
  • 「SofTalk」のウィンドウ内に直接入力する(コピー&ペーストも有効)
  • テキストファイルを読み込ませる(ツールバーの[ファイル]→[開く]で指定。またはテキストファイルアイコンを「SofTalk」ウィンドウ内にドラッグ&ドロップすればOK)
の2通りのやり方があります。

「SofTalk」起動画面
「SofTalk」起動画面。ウィンドウ内のテキストをそのまま合成音声が読み上げてくれる

漢字やカタカナ、英字や数字が混じった複雑な文章でも、かなり正確に読み上げてくれます。アクセントやイントネーションが不自然なのは否めませんが、よほど同音異義語が混在する文章でなければ、混乱するほどではありません。

特筆すべき機能としては、読み上げた音声をWAVEファイルとして保存できる点。つまり、音声ファイル化したものを携帯音楽プレーヤーなどで持ち出す、PCで再生するといった活用ができるわけです。

次のページでは、「SofTalk」の基本的な使い方を紹介します!

更新日:2008年02月29日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    18

    この記事を共有する