フランス/フランス基本情報

フランスの季節(気候・気温)・祝日・イベント

季節によって様々な表情があるフランス。それぞれの季節の特色や祝日、イベントを知ることにより、フランス旅行のプランに役立てて下さい。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス、パリの季節と服装、イベント

フローラル
春から夏にかけて花が咲き乱れるパルク・フローラル(花公園) © Paris Tourist Office - Photographe : Amelie Dupont
パリ
シャンドマルス公園からのエッフェル塔© Paris Tourist Office - Photographe : Amelie Dupont
海外旅行というのは、どの季節に行くかによって、その国の印象がだいぶ違ってくるもの。フランスでは夏は夜10時ごろまで明るかったり、逆に冬は午後4時くらいから暗くなり始めたりと日照時間にも季節によりかなりの差があります。一年を通してパリの気温は東京と比べると若干低く、その他の地方の気温は緯度により1~5℃程度の差があります。この記事では参考のために各月のパリの平均気温を記しましたが、各都市については、各都市の現在の気温をチェックして下さい。

四季のあるほとんどの国と同じく、フランス旅行に向いている季節は、過ごしやすい春か秋です。特に5月から6月にかけてと9月から10月にかけてはフランスで観光客が最も多くなる時期ですので、ホテル予約はなるべく早めにしたいところ。夏も日本に比べ蒸し暑くないので気候的にはおすすめですが、たまに来る猛暑の年に当たる場合があり、その間の数週間は日本の猛暑と同じくらい暑くなるので要注意。それからパリでは8月はバカンスでお店がほとんど閉まるので、パリでのショッピングやレストランを楽しみたいと思っている人はこの時期は避けた方が無難です。

フランスでの観光シーズンはサマータイム期間と同じ4月から10月までを中心にオンシーズン、それ以外をオフシーズンと設定されている場合が多く、オフシーズンでは美術館や観光スポットの開館時間が短くなったり、場合によっては休みになることも。地方の路線バスも、路線によってはオフシーズンは運行していなかったりする場合もあります。ホテルも、オン/オフシーズンでの値段も差があるところがあり、このオン/オフの期間設定もホテルにより違いますので、事前に確認をして下さい。

冬のクリスマス時期にはイルミネーションが始まり、夜の街が華やかに彩られますが、やはり寒さや日照時間の短さのせいか少し寂しい印象を受けます。特に南仏ではミストラルという強い季節風が吹き一層寒さが厳しくなりますので、南仏特有ののんびりとした空気を味わいたかったら冬以外を選ぶことをお薦めします。が、その他の地方では、ぶどうの収穫を祝うワインのイベントが多く開催されたり、生ガキやジビエなど、フランスならではの食材を美味しく味わえるのは秋から冬にかけて。グルメがテーマの旅なら冬のフランスも悪くないかもしれません。

ちなみに、フランスの祝日はカトリックの国であることから宗教にちなんだものがほとんどで、年によって日が違う移動祝祭日(文中「※」のある日付は2010年のもの)があります。日曜日と祝日は年中無休のカフェやファストフード店を除き、ほとんどのレストランやブティックなどのお店がお休みになりますので注意が必要です。美術館などの観光スポットは定休日以外は開いていますのでご安心を。

フランスでは、一年を通して面白いイベントも数多く行われます。興味のあるものは事前にチェックし積極的に参加すれば、普通の観光旅行よりも充実したものとなること必至。それでは、月毎に行われるイベントと祝日を紹介していきましょう。

更新日:2009年10月01日

(公開日:2009年07月01日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    5

    この記事を共有する