男のこだわりグッズ/モノを持ち運ぶ・整理

小型のブリーフケースが実現する機動性の高さと快適さ

B5サイズ、マチ無しの牛革ブリーフケースは、ビジネスバッグとして、冠婚葬祭用の鞄として、普通に使えるのも魅力ですが、それ以上に、大人の手回り品収納バッグとして、幅広く使えます。トライオンのコンパクトなブリーフケース「A114」は、iPadとの相性も抜群。その使い心地を紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手回り品をスマートに持ち歩く大人の鞄が欲しい

ミニブリーフ01

色は写真のチョコの他、ブラック、ダークタンがある。トライオン「A114」9450円

ブリーフケースは基本的にA4ファイルが入る事が前提なので、薄くする事はできても、小さくする事はできません。かといって、ボディバッグではiPadなどを入れる事ができません。それでも、薄マチのブリーフケースやショルダーバッグが売れている現状を見ても分かる通り、大人が持てる、やや小振りのバッグというのは、待望されつつも、なかなかモノが少ないジャンルなのです。

A4書類が入らない=カジュアルというイメージがあるのかもしれませんが、小振りのバッグはどういうわけか、安っぽいか、派手過ぎるか、子供っぽいかのどれか、のいずれか。時々、iPad専用バッグのようなものがあって、サイズ的に良い感じなのですが、iPadだけしか入らなかったり、素材がラバーやビニールだったりして、大人としては持ち歩きにくい印象です。
ミニブリーフ02

マチが無く薄手だが、荷物を入れると自然とマチができるため収納力は高い

そんな中、トライオンの「A114」は、当たり前に使えるミニブリーフケースとして注目です。サイズ的には、B5ファイルがすっぽり入る大きさで、マチもほぼ無い薄マチタイプ。上ファスナーのシンプルな鞄です。素材は世界的なグローブメーカー、トライオンならではの、野球のグローブに使われる牛革を使用し、丈夫で軽くて柔らかいため、ラフに使えて長持ちします。

iPadを中心にコンパクトにビジネスツールを収納

ミニブリーフ03

内部は、マチ付きのオープンポケットが2つと、マチ無しのファスナーポケットが1つのシンプルなもの。内装の布がしっかりして高級感がある

この「A114」は、iPadのために誂えたのかというくらい、iPadにぴったりのサイズですが、実は、発売はiPad登場よりもかなり前。iPadが偉いのか、鞄のサイズ感がそういうものなのか、市場には、iPadにぴったり、という鞄がたくさんありますが、その中でも、iPadとのマッチングと、出し入れした時の佇まいにおいては、似合い方でも「A114」は上位に入るのではないでしょうか。衝撃吸収性に優れて丈夫なグラブレザーという素材がまた、iPadを守ってくれそうな感じですね。

ミニブリーフ04

iPadやノートケース、筆記具など、仕事に必要なツールの他、文庫本なども一緒に入れる事ができる

例えば、iPadを中心に、毎日持ち歩くグッズを入れてみると、iPad、Note Me(A5サイズノートカバー)、NUboard新書判(新書サイズのリングノート型ホワイトボード)、文庫本、ペンケース、ポケットwifi、名刺入れがキレイに収納できて、まだ全然余裕があります。これだけ入れば、会議や打ち合わせには十分。ICレコーダーを入れれば取材にも行けますし、手帳、充電用バッテリーなども入りますから、カフェで一仕事も可能。サイズの割に収納力はしっかりしています。ガイド納富は、打ち合わせだけとか、ちょっと散歩、といった時は、この鞄ひとつ提げて出かけるようになりました。


次のページでは使い心地をご紹介します。

更新日:2012年05月15日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する