海外旅行の準備・最新情報/海外家族旅行

子連れ旅行の飛行機

海外子連れ旅行で心配なのが機内でのこと。そもそも航空機の利用に年齢制限があるの?機内で子供向けのサービスがあると聞いたけれど具体的には?? 大泣きされたらどうしよう等々、親の不安は尽きません。海外子連れ旅行の飛行機のイロハを特集します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子連れの国際線利用 具体的なサービス内容を知っておく 

雲

子連れの空の旅 サービスが厚いのは日系の航空会社

小さなお子さんを連れて国際線を利用するご家族を、近ごろよく見受けます。航空会社各社では、優先搭乗(機内への誘導案内を優先してもらうサービス)などの各種規定や、子供に優しいサービスをさまざま整えています。そうはいっても、初めての利用であれば不安なこともいっぱい。具体的にどのようなサービスがあるのかを知っておく必要があります。

航空会社が提供する子供向けのサービスは、内容や種類、条件が航空会社によって若干異なりますが、一般的なサービスは次のとおりです。
  • バシネット(ベビーコット・ベビーベッド)の無料貸出
  • 粉ミルクや紙おむつの提供
  • 玩具(おもちゃ)の提供や絵本の貸出
  • ミールサービス(機内食のこと。ベビーミールとチャイルドミールがある)
  • 空港でのベビーカー無料貸出(搭乗口まで)
  • チャイルドシートの無料貸出

     

子供向けサービスには事前リクエストが必要 予約時に希望を

2歳児

2歳の誕生日を迎えたら座席の確保が必要だ

こうした航空会社による子供向けサービスは、いずれも予約時の事前リクエストが大きな鍵を握ります。予約のときにリクエストをあげるようにします。特にバシネットBassinet(赤ちゃん用ゆりかご。ベビーコットBaby cotとも呼ぶ)の貸出は、利用可能な座席(前方に壁がある座席)が指定できなければ利用することができず、数に限りがあります。早めの予約でないと応じてもらえないことも。予約ならびにリクエストは、早め早めを心がけるようにします。なおバシネットの利用は2歳未満までで、かつ体重制限があります(約10キロが目安)。

チャイルドシートは、航空会社の規定にあった大きさのもの、規格品を機内に持ち込むことができます。チャイルドシートには、さまざまな形状・大きさがありますが、航空会社の規定にあわなければ、受託手荷物として預けなくてはならず、機内へは持ち込めません。事前にホームページ等で確認を。チャイルドシートは、航空会社が無料で貸し出す場合もあります。その場合も事前リクエストが必要です。チャイルドシートが貸出可能な航空会社は、一部に限られますので注意しましょう。

ちなみに、航空座席にチャイルドシートが必要となるケースがあります。それは、親(大人)が1人で2歳未満の子供2人を連れて搭乗するケースです。子供1人は膝のうえ、もしくはバシネットに、もう1人はチャイルドシートを装着できる別座席を予約しなくてはなりません。親とは別に座席を占有するため、子供1人分は幼児運賃でなく小児運賃になります。

更新日:2011年08月31日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    13

    この記事を共有する