ガーデニング・園芸/植物の種類と育て方

一年のガーデニング計画を立てよう

昔から「一年の計は元旦にあり」などといわれますが、一月はガーデニングの年間計画を立てるのにも良い時期です。シーズンオンになってから慌てないよう、いまのうちにじっくりと計画を練りましょう!

この記事の担当ガイド

花と緑のある暮しを楽しむ、ガーデニングライフのプロパゲーター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植栽

植栽計画を立てる絶好の機会

昔から「一年の計は元旦にあり」などといわれますが、庭仕事が限られる冬の間はガーデニングの年間計画を立てるのにも良い時期です。ガーデニングシーズンに入ってから慌てないよう、いまのうちにじっくりと計画を練っておきましょう!

 

現状を把握する

現況図

庭の現況図は必須

今年からガーデニングを始める場合も、すでにガーデニングを楽しんでいる方も、まずは現状を把握することから始めます。現状把握については、ガイド記事「庭づくりとプランニングのヒント」で詳しく述べていますので、ご参照ください。既存の庭がある方は、今ある庭木や多年草などもリストアップして、現況図に書きこんでおきましょう。

ハードと植栽を考える

プランの一覧

一年のプランを一覧に

現状把握の作業をしていると、おのずと「この多年草はイマイチだった」とか「この場所は蒸れやすい」など反省点が見えてきます。それと同時に、「ここはこうしたい」とか「今年はアレを植えてみたい」といった願望もわいてくるでしょう。思いついたことは、反省も願望も一度すべて書き出してみます。書き出したものは、構造物やガーデンファニチャーなどハードに関わるものと、庭木や草花といったソフトに関わるものとに分けます。

分類した「今年やりたいこと」を、今度は月毎に振り分けていきます。カレンダーの裏などを利用して12ヶ月分のマスを用意して、そこに「やりたいこと」を付箋で貼りつけていくとわかりやすいでしょう。例えば、5月の連休を利用してウッドデッキを作りたいなら、5月のマスに「ウッドデッキ制作」の付箋を貼るのです。ソフトにあたる植栽も同様に、「〇〇の種を蒔く」とか、「通風の悪い場所の多年草整理する」など、できるだけ具体的にするとよいでしょう。ハードとソフトで付箋の色を分けておくと、よりわかりやすくなります。

このように一覧にしてみると、ここはちょっとオーバーワークじゃない?とか、書きだした草花のリストが一年草ばかりだったなど、バランスの良し悪しが見えてきます。これはあくまでも計画ですが、「やりたいこと」と「できること」を見極め、無理のないように優先順位をつけていきましょう。

次は、植栽計画について考えましょう >>

更新日:2011年01月12日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する