漢方・漢方薬/月経痛・生理不順・更年期障害の漢方

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

「当帰芍薬散」(とうきしゃくやくさん)は生理トラブルや産前産後によく使用される漢方薬。倦怠感、冷え性、貧血、腹痛、めまい、むくみ、おりもの過多、不妊症、低血圧症、肌のくすみやそばかす、しもやけへの応用も。

この記事の担当ガイド

生活者目線で漢方を追求! 手軽に作れる薬膳レシピのパイオニア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「当帰芍薬散」はどんな人・どんな症状にいいの?

イメージ

体力がなくて貧血ぎみ。むくみやすいようなタイプが代表的

疲れやすくて経血量が少なめ。貧血や肌のくすみがあり、むくみやすいタイプに。

「当帰芍薬散」の効果

冷え性、貧血、腹痛、めまい、むくみ、倦怠感、生理不順、生理痛、不妊症、切迫流産、おりもの、四肢の痺れ、下痢、頭痛、肩こり、低血圧、肌のくすみやしみ、しもやけなどにも。

「当帰芍薬散」に入っているもの

当帰芍薬散

画像提供:漢方のイスクラ薬局六本木店。当帰芍薬散は血分を補い、水をさばく漢方薬。月経不順・月経痛・更年期障害・むくみ・産前産後の諸症状などに多く使用します(店主談)

当帰(セリ科の根)、芍薬(シャクヤクの根)、茯苓(サルノコシカケ科の菌核)、白朮(オケラなどの根茎)、沢瀉(オモダカ科の塊茎)、川きゅう(セリ科の根茎)。

「当帰芍薬散」が合わない人

冷えや痛みが強い場合は、附子を加えた当帰芍薬加附子湯(とうきしゃくやくかぶしとう)に。なお、切迫流産や妊娠中のむくみにもよく処方されるものですが、服用したい場合は漢方の専門家やドクターの指示に従ってください。

「当帰芍薬散」の飲み方などの注意点

■ 飲む時間
一般的には食事と食事の間の空腹時、食事をする1時間前など、お腹が空で胃に吸収されやすい時期に飲みます。胃腸が荒れやすい人には食後、排便をうながすタイプの漢方には、空腹時の服用を勧める場合もあります。なお、食間に飲み忘れたときは、食後でいいので飲みましょう。

■ 「水」or「白湯」?
症状によって、冷たい水で飲むほうが効果的な場合(その反対も)もありますが、基本的には生薬を水で煎じた「煎じクスリ」の場合は、人肌に冷まして飲みます。生薬の有効成分を抽出して乾燥・加工した「エキス剤」の場合、お湯に溶かしたり、水と一緒に飲んでください。

「当帰芍薬散」の副作用

体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質などの場合、不快な症状が出ることがあります。ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

「当帰芍薬散」が買える場所

漢方薬局や病院、診療所、ドラッグストアなどです。
代表的な商品名:(アイウエオ順)
  • クラシエ 当帰芍薬散錠 (クラシエ)
  • シンワ当帰芍薬散エキス錠 (伸和製薬)
  • ツムラ漢方 当帰芍薬散料エキス顆粒 (ツムラ)
  • 東漢美方 Asahi当帰芍薬散錠 (アサヒフードアンドヘルスケア)
  • マツウラ当帰芍薬散エキス細粒 (松浦漢方)など

「当帰芍薬散」の漢方的メカニズム<中級者向けトリビア>

肝(臓)が貯蔵する血液を補い、調節することで、全身を養う血液を増やしたり、血行を良くします。また胃腸の機能を整え、水の流れを改善させ、むくみをとります。

■ 具体的な生薬の効能
血液を補いながら血流もよくする当帰、芍薬、川きゅう。これらの生薬は止痛作用や生理不順を緩和する働きがあるので、生理痛や腹痛にも用いることができます。

消化機能を高める白朮(もしくは蒼朮)や茯苓、利水作用のある沢瀉は胃腸の機能を整え、むくみを改善させます。体内にある余計な水分を取り除くことによって、冷えを軽減させる作用も。

「当帰芍薬散」のおまけのエピソード

古典の『金匱要略』に記載されているように、本来は婦人の腹痛や切迫流産に用いられる処方で、脾虚肝乗(消化機能の低下により、自律神経などをコントロールする肝の機能が脾を過剰に攻撃してしまう)による疼痛に効果を発揮します。これにもとづいて、習慣性流産や不妊症などにも応用することができます。

なおこのクスリは、血液を補うベース処方である四物湯(しもつとう)と、利尿作用を高める五苓散(ごれいさん)から地黄、猪苓、桂枝を取り除いたものともいえます。

更新日:2010年11月01日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    29

    この記事を共有する