照明・LED/照明器具・間接照明

LED電球よりお得!? 電球型蛍光灯の快適使用法

蛍光灯は電球よりランプ寿命が長く消費電力も少ないので経済的といえます。場合によってはLED電球よりも優れているため、上手な使い方を覚えておくと便利ですよ!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LED電球より経済的な電球型蛍光灯? 

口金E17の電球

写真1.E17のランプ。左からミニクリプトン電球、電球型蛍光灯、LED電球

白熱電球と同じ口金をつけた蛍光灯のことを電球型蛍光灯といい、白熱灯器具に代替することが可能です。最近はLED電球の普及によって注目度が低くなっていますが、ランプの性質や特性は現状でLED電球に比べ劣ることありません。(図1)

もちろん電球に比べると、さらに省エネ効果があり、例えばE17(ねじ込み式の口金で直径17mm)の電球型蛍光灯は小型クリプトン電球の60Wクラスの明るさを10Wで実現できます。ランプ寿命も長いものでは6倍以上の13000時間もあり、とても経済的です。

さらにランプ単価は1000円前後(ネット価格)と普通電球に比べ高価ですが、LED電球より安価です。電球型蛍光灯が最も勧められる使い方はランプの寸法上問題なければ、放熱状態の良い白熱灯ペンダントやブラケット、シェード型スタンド器具に代替することで、白熱灯とさほど遜色のない効果が期待できます。

例えば10Wの電球型蛍光灯(E17)の電球色を、リビングルームに配灯されている小型クリプトン電球54W用スタンドに代えて使用したとします。1日5時間の点灯時間で計算すると従来の小型クリプトン電球54Wの場合、1年でおよそ5000円ほどの電気代がかかります。それが電球色の電球型蛍光ランプに代えるだけで明るさも雰囲気も白熱灯とほとんど変らないで、電気代が900円くらいで済み、とても経済的といえます。(1Kwh 25円で計算)。
電球の特性比較

図1.電球の特性比較


次の頁では注意が必要な使い方についてご紹介しています。

更新日:2011年10月04日

(公開日:2004年06月09日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    6

    この記事を共有する