写真撮影/風景・夜景を撮る

星空を簡単にきれいに撮るコツ

きれいな星空、写真にも撮ってみたいですね。簡単に星空を撮影する方法をレクチャーします。お子さんと一緒にでも楽しめます!運が良ければ流星だって撮れるかも!?

この記事の担当ガイド

講師もできるイベント写真家。風景から商品撮影までプロのワザを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一面に輝くきれいな星空。そんな場面に出くわしたときに写真に撮れたらなと思うことは少なくありません。星空を撮影する基本的な方法を知っていれば意外に簡単に撮れます。

一眼レフを使って星空を撮影する方法をご紹介しましょう。ガイドの撮影した流星写真もご覧ください。

三脚を使って固定撮影で始める


三脚
星の撮影には三脚は欠かせません。しっかりカメラを固定できるものを選びます


レリーズシャッター
シャッターの延長コード、レリーズシャッターも必需品。カメラに合うものを準備します

星を撮影するには、大きく分けて二つの方法があります。ひとつはガイド撮影。これは赤道儀という星を追跡してくれる装置を使って撮影するもの。かなり高価でもあり本格的な天文ファンでもないと持っていない代物。

そして、もうひとつの方法は、カメラを三脚に固定して撮る、固定撮影。これならカメラと三脚があれば誰でも撮影することができます。今回はこの固定撮影の方法をご紹介します。

使用するカメラですが、マニュアル操作ができるデジタル一眼レフカメラを使います。コンパクトカメラの夜景シーンモードなどでも星空は撮影はできますが、ここでは一眼レフを使って撮影していきます。

星空を撮影するのに用意する機材は下記のものです。

  • 一眼レフカメラ

  • 三脚

  • レリーズシャッター


  • さらにあると便利なものとして

  • 予備バッテリー

  • フラッシュライト

  • 星座盤

  • 携帯カイロ(寒冷地で撮る場合)


  • 寒い場所では、バッテリー消耗が早くなるのでカイロをカメラに巻きつけておき、温度を上げておくことでバッテリーの消耗を常温時に近くすることができます。


    更新日:2008年07月01日

    あわせて読みたい

      この記事を読んで良かったですか?

      良かった

      7

      この記事を共有する