ベビー用品/初節句・雛人形(ひな人形)

ひな祭りの由来・ひな人形の豆知識

ひな人形を出すのはいつがいい? ひな人形のひな壇が赤いのはなぜ? ひな人形のルーツは? おひなさま、お内裏さま、三人官女、五人囃子、その下にいる人たちは誰? などなど、子どもに教えようと思っても、意外と知らないひな人形の豆知識。人形の秀光 女流人形師の土屋むつみさんにお話を伺いました。

執筆者:浅川 美映

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と知らないひな祭りの豆知識

雛人形

ひな祭りといえば、おひなさま

3月3日は桃の節句・ひな祭り。女の子のすこやかな成長を祈る節句です。女の子のいるご家庭なら、おひなさまを飾ったり、パーティを開いたりして、お祝いをするでしょうか。

なんでひな祭りにはひな人形を飾るの? ひな人形のひな壇が赤いのはどうして? おひなさま、お内裏さま、三人官女、五人囃子、その下にいる人たちは誰? などなど、子どもに聞かれることもあると思います。そんなときに役に立つ、ひな祭りの由来と初節句についてお伝えします。ひな人形の豆知識については秀光人形工房の女流人形師の土屋むつみさんにお話を伺いました。
 

ひな祭りの由来

ひな祭り=桃の節句の起源は、平安時代までさかのぼります。昔の日本には五つの節句がありました。この節句という行事が、貴族の間では季節の節目の身の汚れを祓う大切なものでした。

人日(じんじつ) → 1月7日「七草がゆ」
上巳(じょうし) → 3月3日「桃の節句」
端午(たんご)  → 5月5日「端午の節句」
七夕(たなばた) → 7月7日「七夕祭り」
重陽(ちょうよう) → 9月9日「菊の節句」
(※「菊の節句」は現在はなくなっています)

上の日にちからもわかるように、「上巳の節句」が、現在の「ひな祭り(桃の節句)」になっています。平安時代、上巳の節句の日は薬草を摘んで、その薬草で体のけがれを祓って健康・厄除けを願いました。
 

ひな人形の由来

流し雛

厄と一緒に人形を流す「流し雛」

平安時代には、出産の際の死亡率が高かったので、命を持っていかれないよう、枕元に身代わりの人形を置く風習がありました。人形(ひとがた)とは、身代わりという意味。この風習は、自分の災厄を引き受けてくれた人形を流す「流し雛」へと発展し、今も残っています。

また、ひな人形のひな(ひいな)とは、小さくてかわいいものという意味があります。平安時代、宮中では「紙の着せ替え人形」で遊ぶ「ひいな遊び」が行われていました。

室町時代になると、上巳の節句が3月3日に定着。紙のひなから、豪華なお雛様を飾るようになり、宮中で盛大にお祝いをするようになったのです。それが宮中から、武家社会・裕福な家庭や名主の家庭へと広がっていき、今のひな祭りの原型が完成しました。段飾りが飾られるようになったのは、江戸中期のこと。昭和に入ってから、今のようなひな人形の形になりました。
 
 

>>女の子のいる家庭では「ひな祭り」は絶対にするべき?

更新日:2011年02月22日

(公開日:2002年02月27日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    15

    この記事を共有する