スーツ・ジャケット/着こなし・みだしなみ

スーツの着こなし術 基本編

スーツの着こなしについて、まずは基本の無地と柄の組み合わせについてです。着こなし上手なテーラーたちの写真も載せているので、メンズファッションコーディネートの参考にしてください!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最初に覚えるべきこと


着こなし上手なテーラー
サローネ オンダータの水落卓宏さん。スーツ、シャツともに無地で、ネクタイのみ柄物。とてもクラシックな装いで、もう完璧です。ポケットチーフはティービーフォールドですね。

スーツのスタイルにもブリティッシュやアメリカン、ナポリ仕立てなどいろいろあるが、それは好みに任せるとして、まず大切なのは「スーツ」「シャツ」「ネクタイ」の組み合わせ。

スーツのラペル幅に同調してネクタイの幅も決まるし、シャツの衿の開き具合によってネクタイの結び方も変わってくる。

そういう細かなテクニックは後から覚えればいいこと。重要なのは「無地」と「」の関係だ。

最初に結論を言ってしまえば、「無地2+柄1」という組み合わせのルールがある。

この法則を踏まえたうえで、人気のテーラーたちの上手な着こなしを見てほしい。

無地2+柄1の法則 組み合わせパターン


着こなし上手なテーラー
Vick tailorの近藤卓也さん。間隔の細かいストライプスーツを着用。シャツとネクタイはやはり無地です。とってもエレガントな雰囲気が伝わってきます。ポケットチーフはクラッシュドスタイルで、優しい感じが漂ってきます。


●スーツ無地+シャツ無地+ネクタイ柄物
●スーツ無地+シャツ柄物+ネクタイ無地
●スーツ柄物+シャツ無地+ネクタイ無地


以上が無地2+柄1の3パターン。とても簡単でしょっ(笑)。

本当は最も美しくエレガントに見えるのは「スーツ」「シャツ」「ネクタイ」がすべて無地! なのだがすべて無地にすると、色の組み合わせや素材感など、かえって難しくなってしまう。誤魔化せなくなるのだ。

柄物をひとつ加わえることで、周囲の視線を柄物に集めやすくなり、少しばかり色の組み合わせがおかしくても気付かれない(はず)。

次のページは、「無地1+柄2はやはり難しい」です

更新日:2008年01月31日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    5

    この記事を共有する