LAN・無線LAN・Wi-Fi/LAN・無線LANの設定

LANアクセスできないときはここをチェック(Windows 7)

Windows 7で共有設定を行ってもエラーが出たり、本来表示されるアイコンが表示されないときは、ここで述べるチェックポイントを参照してください。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずウィルスソフトのチェックをしよう

最初にチェックして欲しいのは、市販のセキュリティソフトの影響です。現在、パソコンショップに行くと、セキュリティ関連の市販ツールが棚の目立つところに陳列されています。「スパイウェア対策/ウイルス対策/インターネットワーム防止/ファイアウォール機能 /不正侵入対策」などの効能があるので、導入された方も多いでしょう。

しかし、これらの製品を不用意にインストールするとLANが利用できなくなる可能性があります。LANを利用しながら、上記のセキュリティ対策を行うこともできますが、「マニュアルも読まずに、いきなりインストールしてしまった」というような場合は要注意です。

筆者がLANの掲示板でトラブル相談を行っていたときの経験ですが、「LANが繋がらない」という原因の半数以上は、市販セキュリティツールの設定にあります。

それでは、具体的にどうすればよいのかということですが、これはセキュリティソフトごとに、そしてバージョンごとに操作方法が異なります。マニュアルのトラブルシュートを参照するか、直接メーカーに聞いてみましょう。特に初心者の方は、後者がお勧めです。


Windows 7の設定を確認しよう

次に、Windows 7の設定を確認しましょう。

(注)Windows 7の場合、以後に述べる設定で、Windows 7標準のファイアウォールの設定も適切に行われます。

1. [スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]を選択します。次に[ネットワークの状態とタスクの表示]をクリックします。
 

 

2. ネットワークが[ホームネットワーク]になっているかを確認します。
 

 

ここで、もしネットワークが[パブリックネットワーク]になっている場合は、そのリンクをクリックして表示されるダイアログで変更してください。変更方法は、ダイアログの表示を確認してください。なお、[社内ネットワーク]でもアクセス可能ですが、混乱を避けるために[ホームネットワーク]にしておいた方がよいでしょう。

続けてホームネットワークの設定を確認します。

3. [共有詳細設定の変更]をクリックします。
 

 

4. ホームネットワークの設定を確認します。
[ホームまたは社内]欄の設定が下図のような設定になっていれば問題ありません。
  • ネットワーク探索→有効
  • ファイルとプリンタの共有→有効(ここでファイヤウォールの例外の設定も実行されます)
 

 

  • パスワード保護共有 →無効
 

 

もし設定が異なっていたら、修正して[変更の保存]ボタンを押してください。

これで設定は終了です。LANが無事につながるはずです。試してみてください。

更新日:2009年11月05日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    32

    この記事を共有する