資産運用/投資初心者にもできるカンタン資産運用法

落とし穴はどこ? 1億円貯まるシミュレーション

30歳の夫婦が60歳時点で1億円を持つことができるシミュレーションを考えてみました。しかし、このシミュレーションには大きな落とし穴があります。それは・・・??

執筆者:上野 博美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30年後に1億円が・・・!


30歳の夫婦が60歳までに1億円を貯めるというシミュレーションをしてみました。するとこんなイメージで1億円がたまっていきます。



横軸が経過年数、「縦軸・左」が“年間収支”、「縦軸・右」が“貯蓄残高”です。

「年間収支」「貯蓄残高」


年間収支は、「毎年の収入」から「毎年の支出」を差し引いた金額ですので、「年間貯蓄額」でもあります。この金額がプラスであれば貯蓄残高が増え、マイナスだと貯蓄を取り崩すことになりますので、貯蓄残高が減ることになります。

毎年の貯蓄額を足し合わせた金額が「貯蓄残高」になるのですが、ここではその貯蓄を毎年1%運用する場合、2%、3%、5%で運用する場合に分けてみました。

そうすると、年1%で運用しても60歳時点では8000万円近くの貯蓄額となり、年3%で運用ができれば、計算上は1億円貯めることができています。

こういうグラフを見ると、超高給取りの人だから達成しているに違いない!と思いがちですが、実はそうでもないのです。

更新日:2004年07月27日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する