猫/猫関連情報

猫の抜け毛対策

フワフワ漂う細〜い柔らかい猫っ毛に悩まされていませんか?一手間と一工夫で猫の換毛期を、快適に…!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
撫でるだけでも抜け毛が
撫でるだけでも抜け毛が…
猫の細い柔らかい毛が自分の顔に張り付いてどうにも取れなくて…
コンタクトをつけているときに目に毛が入って痛い思いをしたり…
猫の抜け毛で不愉快な思いをしたこと、ありませんか?
前回の記事にも書いたように、猫は毛が抜けやすい動物。
毛が抜けないようにすることはできません。。
でも一工夫と一手間で抜け毛を減らして、あなたも猫も快適換毛期をお過ごしください。

グルーミングしましょう!

むだ毛を取ってしまえば、抜け毛は少し減りますが…。しかし、猫の毛は多いし、毎日毎日あちこちの毛が抜けていくので、換毛期の間は追い駆けっこのような日々が続くでしょう。
でも、猫をグルーミングすることで全身状態を確認できますし、皮膚の血行が促進され猫の健康維持に役立ちます。なにより猫とあなたのコミュニケーションが図れます。

グルーミング用の道具

ファーミネーター
ファーミネーター

ペット用品売り場に行くと、様々なグルーミング用の商品が並んでいます。私は猫にはブラシよりもクシをお奨めします。猫の毛は柔らかくて切れやすいので、ブラシを使うと抜ける前に切れてしまうことがあります。ブラシを使う場合は力を入れすぎないようにご注意を。
短毛種であれば、ラバーブラシはOKです。

短毛種であれば、細めのクシを、長毛種であれば以前の記事「クシを使ったネコの毛のケア」でもご紹介した、粗目+細目が1本に植わっているクシが使いやすいでしょう。
クシを購入する際には、可能であれば自分の手に当ててみて、クシの先端が丸いことを確認してください。
猫によって好みがまちまちですから、まずはクシの歯の長さ/太さ/間隔の違い、など様々な道具を試してみましょう。

アンダーコート取りの強い味方

近頃入手したファーミネーターというアメリカ製のアンダーコート取り。
試してみたところ、ほんとに抜ける!取れる!
でも、このクシ自体には毛をためるだけの歯がないので、横に掃除機でも置いて取れた毛をせっせと処理していかないと、部屋中に綿埃のような毛が舞い散って大変なことに!
ファーミネーターの使い方は先にクシを使って全身を梳かした後、軽く握り、アンダーコートが多い部分(背中から脇腹やお尻廻り)の毛並みに沿って軽く滑らせるだけ。歯が頑丈で分厚いので、くれぐれも力を入れすぎないように。
うちのにゃんzたちは、かなり気に入った様子です。
※「ファーミネーター」はアメリカ製の商品です。検索をかけると色んな値段のものが該当します。私が購入したのは、個人代行輸入をしてくれるサイトで、すべてを含めて6000円弱でした。

グルーミングが苦手な猫さん

小さい頃から少しでもクシに慣らしておけばそうでもないですが、毛球ができたり、換毛期になっていきなりやり始めると拒否反応を示す猫さんもいるでしょう。
猫は自分が不愉快に思った記憶を長く持ち続ける動物です。
イヤな、痛い思いをすると、クシを見ただけで怒ったり逃げたりするようになります。

一気に全身やってしまおうと思わず、猫が一番リラックスしている時を見計らって、まずは首の廻りを。ここを嫌がる猫は少ないですから。
あくまでも優しく、ゆっくりと。最初はクシを皮膚まで届かせる必要はありません。
猫が嫌がらないようでしたら徐々にクシを深く差し込んで、皮膚も軽くマッサージをするように。力を入れすぎて皮膚を傷つけないように注意して、猫の毛の流れに沿って梳かしましょう。逆毛を立てる必要はありません。
首がOKだったら、次は背中を。
背中から尾に近い部分は嫌がることが多いので、徐々に範囲を広げてみましょう。
お腹や脇の下は、特に皮膚が柔らかく敏感なので毛を引っ張って痛い思いをさせてしまうと、今後に差し障ります。
コーミングをすると体温が上がるので、徐々に猫がじれていじいじ(いらいら)してしまう猫さんもいます。
嫌がるそぶりを見せ始めたら、その場は終了。何度でも再トライして、徐々にクシに慣らしていきましょう。
あくまでもゆっくり、優しく~を基本に。

長毛/短毛のグルーミング、毛色によっての抜け方の違いは?→

更新日:2006年07月10日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    8

    この記事を共有する