ひと昔前までは、子供が小さいうちは海外旅行をあきらめるという家庭が多かったようです。とくに長距離フライトでは、飛行機の中で子供たちが飽きてしまい、ぐずったりするのが心配で。ところが最近は、かつてに比べて海外旅行が料金的にも安く手軽になり、若い親たちがどんどん子供連れで海外へ出るようになってきました。

エアライン各社もそんな“ファミリーマーケット”を重視し、家族連れの旅行者に自分の会社を選んでもらえるよう、さまざまな子供向けサービスのプランづくりに着手。ここでは、具体的なサービスの内容と、その上手な活用法を紹介します。

photo-1
エアラインの子供向けサービスを上手に利用して楽しい家族旅行を! ©Singapore Airlines

子供運賃て、いくらなの?

飛行機には何歳から乗れるの? 子供運賃はいくら? まずは、そんな基本的な疑問にお答えしましょう。

各社に問い合わせると、健康状態が良好であることを条件に「生後8日目以降であればOK」としているエアラインが多いようです。一例としてJALが設定している運賃を見てみると、2歳未満の子供は「幼児運賃」として大人運賃の10%で利用可(幼児運賃の設定がない運賃も一部あり)。幼児運賃の子供は座席は使用できません。また、大人1名が同伴できる幼児は2人まで。大人1名で幼児2人を同伴する場合には、1人は下記の小児運賃が適用されます。

小児運賃で利用できるのは2歳以上、12歳未満の子供で、運賃は大人運賃の75%(こちらも小児運賃の設定がない運賃が一部あり)。エアラインによって多少設定が異なるところもありますので、詳しくは利用するエアラインに問い合わせてください。