LAN・無線LAN・Wi-Fi/LAN・無線LANの設定

LANアクセスできないときはここをチェック(Windows 8)

Windows8をインストールしたコンピュータの共有ファイルにアクセスできないときは、ここで述べる設定になっているかを確認してみてください。きっとアクセスできるはずです。なお、Windows8.1で差異がある場合は、その都度解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

windows8にアクセスできない

windows8にアクセスできない

Windows8は、パスワード保護共有を無効にすれば誰でもアクセスできますが、インストール直後の設定を不用意に変えてしまった場合は、アクセスできないことがあります。

Windows8にアクセスできないときは、以下に述べる設定を確認してみてください。

なお、Windows8.1の場合は、若干操作が異なる場合があります。異なる場合は、その都度解説していきます。

プライベートネットワークになっているか?

ネットワークの設定が「パブリックネットワーク」になっていると共有ができません。「プライベートネットワーク」になっていれば問題ありませんので、以下のようにして確認してください。

1. 通知領域にあるネットワークのアイコンを右クリックして「ネットワークと共有センターを開く」を選択します。

ネットワークと共有センターの表示

ネットワークと共有センターの表示


2. 下図のように「プライベートネットワーク」になっていればokです。

プライベートネットワークの表示

プライベートネットワークの表示


もし、「パブリックネットワーク」になっている場合は、以下のようにして変更してください。

まずは、Windows8の場合です。

1. マウスカーソルをデスクトップの左下端に移動して「設定」を選択します。

設定の選択

設定の選択


2. ネットワークのアイコンを選択します。

ネットワークの選択

ネットワークの選択


3.
接続名を右クリックして「共有のオン/オフを切り替える」を選択します。

共有設定の切り替え

共有設定の切り替え


4. 「はい、共有をオンにしてデバイスに接続します ホームネットワークや社内ネットワークの場合」を選択します。

設定の変更

設定の変更


これで「プライベートネットワーク」になります。

次に、Windows8.1の場合を解説します。

1. マウスカーソルをデスクトップの左下端に移動して「設定」を選択します。

2. 「PC設定の変更」を選択します。

Windows8.1はここから操作が異なる。

Windows8.1はここから操作が異なる。


3. 左の一覧から「ネットワーク」を選択します。

ネットワークをここから設定する。

ネットワークをここから設定する。


4. 左の欄で「接続」、右の欄で「ネットワーク○ 接続済み」を選択します。

ここを選択

接続になっていない場合は、「接続」を選択する必要がある。


5. デバイスとコンテンツの検索でスライドスイッチをonにします。

最終的にここをonにする。

最終的にここをonにする。


これでプライベートネットワークになります。

次に共有の「詳細設定」を確認しましょう。次ページをご覧ください。

この記事を読んで良かったですか?

良かった

44

更新日:2015年06月25日

(公開日:2012年10月26日)

あわせて読みたい