フォトショップ(Photoshop)の使い方/フォトショップ(Photoshop)関連情報

写真の編集が楽しくなったPhotoshop Elements 11

新しいPhotoshop Elements 11は写真を「補正・加工」するという堅苦しいイメージを一掃し、ラクな操作で写真に「ブラッシュアップ」する写真整理・編集ソフトになりました。そんなPhotoshop Elements 11から、注目の3つの新機能をピックアップします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Photoshop Elements 11とはどんなソフト?

「写真の補正・加工」というと、堅苦しいイメージや、小難しい操作が必要といった印象抱いてしまうものですが、パソコン操作が苦手な方でも、気軽に、楽しく操作しながら、「写真に磨きをかける」ことができるソフトが、2012年10月12日に発売されます。それが今回紹介する画像整理・編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 11」です。

Photoshop Elements 11の新機能を使った作品例。

Photoshop Elements 11の新機能を使った作品例。


「Photoshop Elements」は、プロ向けの画像編集ソフトである「Adobe Photoshop」を、一般向けに機能を限定し、より使いやすくアレンジされた、写真の整理と編集機能を兼ね備えたソフトです。

簡単な操作で本格的な補正や加工をしたり、絵や文字を描いたりして作品作りを楽しんだり、さらには写真をインターネットで簡単な操作で公開するなど、長きに渡り人気の高いソフトです。

また、本家のPhotoshopにはない、Photoshop Elements オリジナルの機能や効果が備わっている点も大きな魅力の1つであり、操作性もバージョンアップを重ねる毎に進化しています。


Photoshop Elements 11の新しい3つの特徴

Photoshop Elements 11で新しくなった機能を大きく分けると、次の3つがあげられます。いずれも初心者から簡単に使いこなせる写真編集機能が向上しています。

1. 画面や機能などの構成が初心者にわかりやすい
2. 写真の切り抜きや合成がとても簡単
3. 写真を楽しく見せたりアート作品にする効果が豊富

次のページからはこのPhotoshop Elements 11の新機能から、3大特徴を中心に紹介します。

更新日:2012年09月25日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    16

    この記事を共有する