香港/香港の通貨・物価・予算・両替

香港の両替

香港の通貨「香港ドル」への両替はズバリ現地へ行ってからがお得。数多く存在する香港の両替スポットの数々とお得な両替法についてご紹介。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香港の通貨「香港ドル」とは

国際金融都市の風景

アジアを代表する国際金融・観光都市香港には年間3000万人規模のビジネスマン、観光客が域外から訪れる。

両替店イメージ

香港の両替店のイメージ

香港の通貨は香港ドル。現地では「HK$」もしくは「港幣/港元」と表記されています。香港ドルは世界的に通用度の高いメジャーな国際通貨の1つでもあり、日本をはじめ世界各国で両替可能です。

香港ドルは米ドルとの固定相場(1米ドル=7.8香港ドル)を採用しているので、円高・円安の傾向を知る際には、頻繁にテレビや新聞で報道される米ドルの動向を見守っておくとイメージをつかみやすいです。

なお、香港で両替スポットを探す際は「EXCHANGE」や「兌換」という看板を目印に。円高傾向が続く昨今、日本円と香港ドルの為替相場は1香港ドル=10円ほど(2011年8月上旬現在)。

 

両替は日本ではなく、香港で!

成田国際空港

日本の国際空港にも多くの両替店があるが、香港ドルの両替は現地に到着してからでも大丈夫

香港国際空港

香港国際空港は出発、到着フロアの両方に複数の両替店がある。帰国前に香港ドルが余ってしまった場合は、香港で両替する方がお得

国際通貨香港ドルは日本国内の銀行や空港の両替所での取り扱いも多く、比較的容易に両替可能!なのですが、流通量が少ない日本では、それだけ需要も少ないので、一般的に実勢レートも悪くなってしまいがち……。

香港ドルの実勢レートは、香港での両替が最も有利とされています。アジアの金融センター香港には世界各地から観光客やビジネスマンが訪れるという土地柄、市内の至るところに両替店が軒を連ねていますので、両替場所に困るということもまずないでしょう。

 

香港の両替スポットとレート比較。
不便な場所の方がお得な傾向に!

繁華街の両替店

繁華街のいたるところに両替店が並ぶ。写真は特に両替店が多く並ぶチムサーチョイ地区

フェリーターミナル内

市内のほか、広東省各地やマカオからの高速船が発着するフェリーターミナル内にも両替店が多い

空港やフェリーターミナル内の両替店、市内の両替店、銀行、さらにホテルなど、どこでも両替可能ですが、中でも両替店の数が非常に多いのは、観光客やビジネス客が多く訪れる香港島のコーズウェイベイ(銅鑼灣)、セントラル(中環)、ワンチャイ(灣仔)周辺、カオルーン(九龍)側ではチムサーチョイ(尖沙咀)、モンコック(旺角)といったエリア。さらに、国際キャッシュカードやクレジットカードを使って市内に数多く設置されている銀行ATMで直接現地通貨を引き出すこともできます。

 

レート表

両替店の軒先に表示されるレート表。手数料の有無も含めてじっくり検討しよう。写真はチョンキンマンション内(撮影日:2011年7月24日)

それぞれの両替スポットで一概にどこがお得というわけではありませんが、空港に比べると市内の両替店、市内の両替店でも、便利な場所より少し外れた場所にある方が良いレートを提示する傾向にあるよう。レート格差は最大20%くらいの開きがあります。

両替店では、店頭に出しているレートに数パーセントの手数料を付加するところと、手数料込みの表示になっているところがあるのでご確認を。

銀行の場合、両替1回あたりにいくらという手数料設定をしていることもあり、小額の両替の際は不利になることも……。最近では、その銀行に口座を持つ人のみ両替に応じるというところもあります。

カードを使ってATMから直接香港ドルを引き出す場合、キャッシングという扱いになるため手数料と金利がかかりますが、それを考慮しても、レートは比較的良い方です。

為替相場は日々変動しているため、為替相場が閉まっている夜間や休日は相場の変動リスク回避のためレートを少し低めに変更する両替店も多く多くあります。両替するなら平日の昼間の方が少し有利という点も付け加えておきます。

更新日:2011年08月17日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する